アジングワームを検証する。一番釣れるワームはどれだ!?

アジング

1番釣れるワームって存在するのだろうか?

 

答えはNO、その時の状況や使い手との相性もあるから、1番釣れるワームなんて存在しない。

 

しかし釣れやすいワーム、釣れにくいワームがあるのも事実。

 

今回は、各メーカー様々なワームを使って、僕なりに検証したいと思う。

 

※発売されている全てのワームを使うわけにもいかないので今回は僕が選んだワームで検証することにする。

 

スポンサーリンク

検証するワームの条件

ワームを選ぶのが最初の難関。実験をする以上条件は可能な限り揃えなければならない。

 

大切なのはまずカラーを揃えること。

 

「カラーが違うから釣れた」ではこの実験の意味がない。

 

同じカラーを使ったうえで「釣れる」「釣れない」を判断する必要がある。

 

従って選ぶカラーは「だいたいどのワームでもラインナップされているカラー」ということになる。

 

最初は「クリア」で行く予定だったが、「クリア」がラインナップされているワームは意外と少なく、散々悩んで「クリア+銀系ラメ」にすることにした。

 

次に大切なのはサイズを揃えること。

 

サイズは完全に揃えることは出来ない。

 

メーカーも色々考えてそのサイズにしているだろうから、それも「釣れる」「釣れない」の判断材料にすることにした。

 

しかしあまりにもサイズが違いすぎても困るので今回は長いワームを2インチ~2.6インチ、

 

短いワームを1.5インチ~1.8インチとして分類した。

 

 

実験対象となるワームの紹介

ロングワームの部

アジアダー(レインズ)

レインズとデプスがコラボして作ったワーム。

いきなりミスった。約2インチという長いとも短いともとれるサイズ。今回の実験には不向きなサイズ、ただ人気があるので実験対象にしたかった。細長い系のシルエットなので今回は長い方に入れて検証する。

 

アジキャロスワンプ(レインズ)

アジングワームのド定番。

どれだけの強さを見せてくれるか期待。

 

フィジットヌード(ティクト)

アジングといえばこのメーカー。

熱狂的なファンも多い。

前身「フィジット」は昔愛用していたが、この「ヌード」の実力はどうか。

 

海毛虫(クレイジーオーシャン)

オフショアのイメージが強いメーカーが最近はショアの釣りにも力を入れているとか・・・

このワームの特徴は高浮力。これが釣果にどう影響するか・・・

 

スパテラ(一誠)

一気に人気が出てきたメーカー。

実はよく知らないがこのワームは人気があることは確か。

 

 アジネクトン(カルティバ)

オーナー針 MW-03 アジネクトン 2.6インチ #08 クリアーシルバー 82922

針で有名なオーナーばりのブランド。

物凄くリーズナブル、これが釣れるなら嬉しい。

 

アジマスト(エコギア)

餌で有名なマルキユーのブランド。

汁系ワームもあるが今回は不採用。

同シリーズのアジ職人「ソフトサンスン」にはいい思い出がないがこいつはどうだろうか?

売り場から消えることもある人気ワーム。

 

マッカム(ドリームアップ)

最近勢いのあるメーカー、ドリームアップのワーム。

頭側としっぽ側の形が全く同じ。裂けたら反対側から刺せばまた使えるのが嬉しい。

極柔のハンドポワードマテリアルが釣果にどう影響するか?

 

 

ショートワームの部

タープル(34)

信者もアンチも多いこのメーカー。

色々な形のワームがあるがこのタープルは1回使ってみたかったからこれにした。

 

ビームスティックZERO(ダイワ)

超大手メーカーダイワの月下美人ブランド。

正直あまりいいイメージがない。

中学生の時ぶりに使うダイワのワームだが、どう進化しているだろうか?

 

バーニー(デュオ)

デュオのワームといえばフラットフィッシュ用の「ハウル」が真っ先に思い浮かぶが、ライトゲーム用のワームもある。

このツインテールのワームは面白そうだ。

 

フラッシュJ(フィッシュアロー)

珍しくワームに目が付いている。

触ったら分かるが、明らかに硬い。

小魚を追っているときは良さそうだ。

 

アジリンガー(レインズ)

説明不要のド定番ワーム。

このリブがいい抵抗感を生み出してくれそう。

 

ドラゴンテイル(バイオベックス)

バス用ルアーの「ジョイントベイト」や「ジョイントギル」のイメージが強くて、ソルトワームの存在感が薄いような・・・

バッグとかサングラスで有名な「LSD」のメーカー。

 

スクリューテールグラブ(スミス)

言わずと知れたロングセラーワーム。

古き良きワーム。

 

グリリン(ドリームアップ)

このリブが潮を良く噛んでくれそう。

ハンドポワードの強さに注目。

 

 

以上16種のワームで検証していく。

 

 

ルール

極力、公平を期す為のルールを定める。

  1. 1投ごとにワーム交換
  2. 投げる順番は釣行毎にローテーション
  3. 1周するまでは誘い方を変えない
  4. 1周するまではレンジを変えない
  5. 1周するまではジグヘッドを変えない

この5つのルールに沿って検証を進める事とする。

 

最後に

統計を取る為のデータが揃うまではかなり時間が掛かると予想される。

 

2年~3年の期間で検証しようと考えているので、結果をお楽しみに。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました