ルアーのカラーの話

ルアー釣り

こんにちは!キノピーです。

 

今回は「ルアーのカラーの選び方」についてお話ししたいと思います。

 

初心者の方からの質問で「一番釣れるカラー教えてください」というのが物凄く多いです。

 

まずそれにお答えしておくと「ねーよ、そんなカラー。そんなカラーがあるなら俺が教えてほしいわ!」

 

というのが正直なところです。

 

しかしそれではこの話が終わってしまうのでルアーカラーについていくつかお話ししようと思います。

 

今回は

  • ルアーのカラーは釣果に関係あるのか?
  • キノピー的オススメカラー
  • 海中での色の見え方は地上とは違う
  • 良く釣れるカラーのカラクリ

の4本でお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

ルアーのカラーは釣果に関係あるのか?

結論から言うと「ルアーのカラーは釣果に関係あります」

 

同じルアーでもカラーを変えたら突然釣れだすことがあります。

 

またオフショアのジギングでは、ヒットカラーを持っている人は入れ食い、持っていない人はボーズなんて事も起こる事から僕はルアーのカラーは釣果に関係すると考えます。

 

しかし、それほど重要ではないと考えています。

 

カラーよりも動き(アピール力・レンジ)やサイズ(シルエット)の方が大切だと考えます。

 

カラーチェンジよりもシルエットや動きの違うルアーを投入したときの方がいい思いが出来たことが多いです。

このヒラスズキは12cmのルアーをカラーローテーションしても喰わなかったのに、9cmに変えた途端に釣れた1匹です。

 

つまりルアーサイズの変化で喰わせたという事です。

 

余談ですがカラーと動きでシルエットの明滅を起こすルアーも存在します。

 

この「シルエットの明滅」は抜群に効くのでこういうカラーがあるなら優先して選んでみるのも良いでしょう。

 

※カラーだけではシルエットの明滅は生まれません。動き方にも条件があります。

キノピー的オススメカラー

よく言われる状況別カラー選びとかは正直言って苦手です。

 

「濁った時はチャート系」とか「昼間はナチュラル系」とか言いますが、真逆の結果が出る事も日常茶飯事です。

昼間でもこんなアピールカラーが良い時もありますし、夜でもクリアカラーやイワシカラーが強い時もあります。

 

なので僕はよく言われる「この時はこのカラーを使え!」的な事は言いませんしあまり好きではないです。

 

ここでは僕が好きなカラーをご紹介します!

  • メロングロー系
  • オレンジ系
  • レッドヘッド系
  • ハワイブルー系

 

メロングロー系

めっちゃ好き。

ここでメロングローへの愛を語っています(笑)

 

アジング・メッキ・ライトロックなんかでは真っ先に投げます!

本当に良く釣れるカラーです。

 

アピール力が非常に高く、活性が高い相手には効果抜群!

 

大爆釣するときと全く釣れない時の二極化するカラーでもあると思っています(笑)

 

オレンジ系

ヒラスズキ狙い時限定!

 

真っ先に投げます。なぜなら自分からよく見えるから。

 

僕の釣り方だとルアーが見えることは必須。

 

見えないと知らない間に岩に引っかかって終わりです。

僕にオレンジを勧めてくれたのは師匠のNさんですが、Nさんもオレンジ信者です(笑)

 

僕は見事にオレンジにハマらせれてしまった結果、既存のルアーをオレンジに染めるなんて事にも手を出しました(笑)

めっちゃ簡単にルアーの色を変えてみた話
こんにちは!キノピーです。 今回はルアーの色を塗り直した話・・・ ヒラスズキ釣りを始めてからというもの、マットオレンジとかマットピンクとかとにかく目立つカラーを探し求めるようになりました。 でもそん...

 

レッドヘッド系

特別良い思いをしたわけでもないですがなんか好き(笑)

 

初めて買うルアーとかだとレッドヘッドを買いがち(笑)

 

一応、釣果も出せています。

昔ながらの定番カラーっていう雰囲気が良いよね!

 

ハワイブルー系

実はメロングローに並ぶレベルに大好きなカラー。

 

僕と相性が良いのか?

特にアジングでは絶大な信頼を寄せています。

 

大好きなんですが最初からは投げません。

 

僕の中では「これでダメなら諦めるレベル」なので最後まで取っておきます。

 

因みに、実際はこれでダメでも諦めません(笑)

 

 

海中でのカラーの見え方は地上とは違う

海中では、地上と同じように色は見えません。

 

通常、色とは光源から発せられた光が反射して見えています。

 

リンゴが赤く見えるのは赤い光を多く反射しているからです。

 

因みにすべての色の光を反射すると白く、吸収すると黒く見えます。

 

海中では赤い光が最も吸収されやすく、青い光が最も深くまで残ります。

 

これは光の波長と海水の吸光度に関連するところなのですが、サイエンス的な小難しい話になるのでここではしません。

 

興味がある方は色々調べてみてください!

 

地上では鮮やかな赤も海中では灰色のような色に見えます。(水深によります)

 

底に棲む魚に赤い魚が多いのは目立ちにくいからなのではないかと考えています。

 

これだけ聞くと青が最もアピール力が強いと考えてしまいそうですが海中では青は周りの色と同化しやすいので、色が残るから目立つというわけではありません。

 

深刻に考える必要はありませんが、地上と水中では色の見え方が違うという事は覚えておいて損はないと思います。

 

良く釣れるカラーのカラクリ

良く釣れるルアー=良く使われるルアーです。

 

良く使うんだから良く釣れて当たり前なんです。

 

例えば、同じぐらい釣れる「カラーA」「カラーB」があったとします。

 

自分はカラーAが好きで良く使い、カラーBは嫌いだからあまり使わなかったとすると、「カラーA」は良く釣れるけど「カラーB」は釣れない。というイメージが出来ますよね?

 

カラーBも使えば同じぐらい釣れるルアーだったとしても使い手のイメージ次第で釣れないルカラーになるのです。

 

これはカラーだけでなくルアーにも言えることで、使用人数が多いルアー程釣れるという話が出やすいですし、それを聞いた人がそのルアーを使いたがるので使用人数はどんどん増えていきます。

 

逆にどれだけ良いルアーでも使用人数が少ないと釣れるという話は出にくく、埋もれてしまいます。

 

極端な例でいうと1000人が使と300人が釣れる「ルアーC」と10人が使って10人が釣れる「ルアーD」があるならば釣れると言われて、売れるのは「ルアーC」です。

 

使用人数が多いから釣れる割合が低かったとしても数の暴力で釣れると噂のルアーになるのです。

 

世の中には凄く良いけど埋もれているルアーって沢山あると思います。

 

最後に

最後に少し余談を挟みましたが、ルアーのカラーに関するお話をさせて頂きました。

 

釣れるカラーなんてその時の状況によりますし、使い手との相性もあります。

 

正直言って考えたところで答えは出ないので考えるのは止めましょう(笑)

 

好きなカラーを投げれば良しです!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました