めっちゃ簡単にルアーの色を変えてみた話

ルアー釣り

こんにちは!キノピーです。

 

今回はルアーの色を塗り直した話・・・

 

ヒラスズキ釣りを始めてからというもの、マットオレンジとかマットピンクとかとにかく目立つカラーを探し求めるようになりました。

でもそんな色のルアーってあんまりないんですよね・・・

 

で、無いなら塗れば良いんじゃね?ってなったのでやってみました(笑)

 

ルアーを塗ると言っても、細かく拘る気は全くありません。

 

自分からルアーが見えればOKの釣りですから、とにかく目立つようにしてやろうと思いました。

 

専用のエアブラシとかの機材も一切ナシ。

 

ホームセンターで手に入るラッカーで挑戦です(笑)

 

スポンサーリンク

ルアーの色を変える手順

手順としては、ルアーの色を落とす→白で下地を作る→塗りたい色にする→コーティングの順です。

 

ルアーの色を落とす

まずは色を落とす作業から始まります。

 

使うのはジップロックと無水エタノールのみ!

無水エタノールにルアーを漬けるだけです。

 

一日後には塗装がフヤフヤになっているので、簡単にベローンと剥がせます。

(塗装が剥げて無垢の状態になったルアーを取り忘れました・・・)

 

白で下地を作る

最終的に発色をしっかりさせるためには白で下地をつくる必要があります。

 

白のラッカーを吹くだけです。

 

離れたところから吹かないとムラが出来まくります。

 

僕は色のムラとかはどうでもいいのでテキトーに済ませました。

 

あとは乾くまで待ちましょう。

(白を吹いたルアーの写真が消えてしまいました・・・)

 

塗りたい色にする

あとは好きな色を吹くだけ!

写真一番上のルアーは色を剥がさず、下地も作らず吹いてみましたがやはりダメでした(笑)

 

ムラはありますが、見える色にはなったと思います。

 

コーティング

元々、恐ろしくテキトーなのでこの工程はいらないかもしれません(笑)

一応コーティング剤を吹きました。

 

ちょっとぐらい強くなるかな??

 

コーティングが乾いたら完成です。

 

後は実践投入するだけです!!

 

最後に

超テキトーな色塗りですがこのレベルなら誰でも簡単に出来ます。

 

ボロボロになったルアーや中古で格安なルアーとかで試してみると面白いのではないでしょうか?

 

自分が塗ったルアーで釣るとまた違った嬉しさがあるはずです!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました