渓流ルアー再び・・・新兵器でアマゴに挑む!

フレッシュウォーター

前回1匹のみに終わったルアーでのアマゴ釣り。

渓流ルアーでアマゴ釣り!6年ぶり2回目の挑戦
こんにちは!キノピーです。 先日、渓流へアマゴ釣りに行ってきました! ※YouTubeにUPしました↓↓ 今回はプラグで狙っていきます! 6年ぶり2回目の挑戦! 専用タッ...

 

リベンジすべく再び渓流へ。

夜に降り続いた雨の影響で水位がほんの少し上がっている。

 

アマゴの活性も上がっていることに期待。

スポンサーリンク

使用ルアー

今回は新しく購入したルアーをメインに使うことにした。

デュオのリュウキ38Sとファンツールのルアーフィリアトラウトミノー。

 

リュウキはルアーサイズの変化を持たせるために導入。

 

前回は同じようなサイズのルアーしか持っていなかった事は数が伸ばせなかった原因の一つだと考えたからだ。

 

そしてルアーフィリア。

 

これは前回1個だけ持って行ったのだが、想像以上に動きが良かった為に追加購入。

 

その最初に買った1個は沈んだ木に喰われロストしたのだが・・・

 

このルアーは価格がとてつもなく安い。

 

1個約500円だ。前回1個しか購入しなかった理由は、安さ故の品質の低さを懸念したからである。

 

それが実際に使ってみれば、飛距離は全く問題ないしウォブリングもしっかりしている。

 

トゥイッチを入れればきちんと左右にヒラ打ちするし、安価ミノーにありがちの、全く水を噛まない、ウォブリングしない、すぐ割れるなんて事が全くなかったのである。

 

アマゴはもちろんだが間違いなくメッキに効くだろうと思い4個も購入。

 

初秋が楽しみである。

 

いざ入渓

前回よりも水位が高く攻めやすい。なんて事を考えていたらいきなり後輩がヒットさせた。

 

渓流ルアー初挑戦の後輩君が幸先よく本命をキャッチ。

 

このポイントで連発はしなかったので少しずつ上流に歩きながら打っていく。

 

とにかく打てそうなポイントはすべて打つつもりで攻めていく。

ファーストキャッチはスレ掛かり。

 

釣れ方は納得いかないがヒレピンの綺麗なアマゴであった。

 

この後さらに上流に進んだところにある水深が深いポイントに到着。

 

ここはレンジを変えつつ重点的に打ってみる。

 

表層は全く反応がないので少しずつレンジを下げながら探ってみる。

 

中層でも反応がないので、ルアーを着底させボトムの岩陰を通すイメージでルアーを曳いてやるとヒット。

これも本命。

 

しかし放流魚のようでヒレがボロボロ。綺麗な魚ではなかった。

 

綺麗では無いにせよ2匹目をキャッチ。

 

前回を上回る釣果を出すことが出来た。

 

トラブル発生

次なるアマゴを求め更に上流に向かっている途中でトラブル発生。

 

絵に描いたような見事なスリップで転倒、岩から滑り落ちた。

 

フローティングベストと安定感抜群(笑)の受け身で僕自身、そしてロッドもほぼ無傷という奇跡。

 

しかしこの時の衝撃でリールにはダメージ。

ベールが完全に曲がってしまった。

 

しかし大きなダメージはこれだけ。

 

ハンドルやローターにも一部傷が入ってしまったが、スプールエッジなど使用に影響する箇所が無傷で済んだのは不幸中の幸いである。

 

いよいよ最終ポイント

トラブルに見舞われながら進んだ川も遂に行き止まり。

ここで最後の勝負。

 

ルアーフィリアを投入し激しめのアクションを入れるとヒット。

これで3匹目。まだ釣れそうな予感。

 

同じアクションで攻めるとまたまたヒット。

出来すぎである(笑)

 

この魚を最後に納竿とした。

 

最後に

4匹と前回よりも遥かにいい釣果を残すことが出来た。

 

立ち位置や狙いどころ、キャスト精度などが前回に比べレベルアップしていると感じた。

 

こうなると専用ロッドが欲しくなる。

 

トラウト用のウッドグリップを使ったロッドに憧れているので1本作ろうかどうか検討中。

 

また作りたいロッドが増えた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました