ジャクソン・アスリート+105VGを買ってみた!

ソルトショア

こんにちは!キノピーです。

 

2日連続の「新作ルアー買ってみたシリーズ」です。

 

今回紹介するのは、ジャクソンの「アスリート+105VG」です。

世界標準とまで言われた超人気ミノー「アスリート」の後継機。

 

このルアーにはフローティングモデルとシンキングモデルがあります。

 

僕が買ったのはシンキングタイプ。というより店頭にあったのがシンキングだけでした(笑)

シンキングモデルはフローティングモデルに比べて4.5gも重い為、飛距離に大きな影響が出そうです。

 

重そうなウェイトボールが2個入っており、持った感じは見た目よりズッシリしています。

 

さらに、ボルテックスジェネレーターを搭載しており飛距離はかなり伸びそうです。

 

ボルテックスジェネレーターを簡単に説明すると、リップに設計されたデッパリです。

 

このデッパリがキャスト時にリップにより発生する空気の渦の影響を抑える為、飛距離が伸びるという原理だそうです。

 

僕も使ったことがないのでどのぐらい飛ぶのか分かりませんが、期待はしています。

 

僕はこのルアーの他にもアスリート12SSPというルアーを持っているのですが、このルアーがびっくりするぐらい飛ぶんです。

フルキャストすると100mぐらい普通に飛んでいきます。

(使っている道具にも左右されるので絶対100m飛ぶって訳ではありませんが)

なのでジャクソンが飛ぶというルアーは本当に飛ぶのだというイメージがあります。

 

シーバスだけでなくサーフでのフラット狙いにも良さそうですね!

 

フックサイズが#6なのでヒラには厳しそう・・・

 

フックサイズをどこまで大きくしても大丈夫なのかも試してみようと思います。

 

とりあえず早く釣りに行きたいです・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました