PEラインの巻き方解説!

その他

こんにちは!キノピーです。

 

今回は「リールへのPEラインの巻き方」について説明していこうと思います。

 

Youtubeに動画をアップしましたのでその補足をしていきます。

 

スポンサーリンク

ロッドのバット側について

僕の使用しているものは折れたロッドをぶった切って糸巻専用に作ったものなので、短いですしガイドもありません。

 

通常のロッドのバット側を使う場合は出来るだけ短いモノを使う方がやり易いです。

 

殆どのロッドはガイドが付いていると思いますが、ガイドがついてある場合ラインはガイドを通してください。

 

下巻き糸について

下巻き糸はメインラインと揃えてPEの0.4号を使用しています。

 

下巻き糸は出来るだけメインラインより細いモノを使用してください。

 

太いモノだと仕上がりが汚くなります。廃棄するラインを取っておくとイイですよ!

 

下巻きとスプールの結び目のテープについて

0.4号レベルでは可能性は低いですが、PEラインは「伸びない・強い」性質を持つ為、スプールの上で滑って回転してしまう可能性があります。それを防ぐためにテープで止めています。

 

下糸がナイロンやフロロの場合は伸びたラインが戻ろうとする力でスプールに喰いつくので滑ることはありません。下糸がPEのときのみテープが必要です。

 

メインラインと下糸の接続部のテープについて

結び目が段差になってしまい、仕上がりが汚くなるのを防ぐために貼っています。

 

PEはテンションを掛けて巻かなければならない理由

PEラインは「伸びない・強い」という性質を持つ為、魚が掛かってリールに巻いた時よりも強いテンションが掛かった場合、ラインが食い込み切れてしまうからです。

 

ラインが食い込むとドラグは出ませんし、切れた後も使い物にならなくなります。

 

なのでそうならないようにPEラインは強いテンションを掛けて巻くのです。

 

逆にその他のラインはテンションを掛けすぎてはいけません。

 

その理由はまた後日解説したいと思います。

 

PEラインをタオルなどで掴んではいけない理由

よくPEラインを巻く際にタオルなどで押さえて巻く方法が紹介されていますが、あれは最悪です。

 

PEラインは摩擦と熱に非常に弱いです。

 

タオルなんかで押さえてしまうと摩擦熱で傷みます。巻いている途中で切れることもあります。

 

だったら素手で押さえれば良いのでは?と考えた方。

 

PEに必要なテンションを素手で掛けたら手が切れます。危険なので止めましょう、というより痛いんで出来ないと思います。

 

PEラインを巻く際は極力ラインに触れないように巻きましょう。

 

声の大きさと撮り方が途中で変わる理由

出来ればiPhoneのみで撮影したかったのですが、1人では無理だったので糸巻シーンのみアクションカメラを頭に取り付けて撮影しています。

 

不快な揺れがありますし、その間だけ声が大きいですがお許しください(笑)

 

 

とりあえずこんなところですかね??

 

 

自分で糸巻が出来れば好きな時に巻き替えが出来ますし、店で待つ必要もなくなります。

 

店での糸巻きは今後、有料化していくと思います。

 

生産性や効率を重視する時代に糸巻き無料なんて続かないでしょ?って僕は勝手に思ってます。

 

よくSNSで写真をアップして文句を言っている方がいますが、タダでやってもらって文句はないでしょーよ。

 

タダで仕事を引き受ける方も引き受ける方だけど文句を言う方も言う方だと思います。

 

自分で全部やってしまえばそんな面倒事からも解放されるので糸巻は覚えた方が絶対に良いですよ!

 

外出できない間に練習してみるのも良いのではないでしょうか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました