誰でもできる!簡単リールメンテナンス(オイル使用編)

リールメンテナンス

こんにちは!キノピーです

前回に引き続きリールメンテナンスのお話です。今回はオイルを使用したメンテナンスをご紹介します。

 

前回の記事はコチラ↓↓

誰でもできる!簡単リールメンテナンス(釣行後水洗い編)
こんにちは!キノピーです。 今日はスピニングリールの簡単なメンテナンスのやり方を紹介したいと思います。 釣行後大切なこと 釣行後の水洗い、これより大事なことはありません。 オイルやグリスは2の次です。まずは水...
スポンサーリンク

痛みやすい場所はここだ!

ハンドルノブのベアリング

痛みやすい部分の1つがハンドルノブのベアリングです。

 

手に最も近いこの部分は比較的異変に気づきやすいです。

 

ここが痛むとゴロツキやコツコツ感が出ます。

 

ハンドルノブは簡単にバラせるのでしっかりメンテナンスしてベアリングの消耗を防ぎましょう。

 

(中学生のガキんちょができるくらいの難易度です。)

これはアブガルシアのMGXtreamのハンドルノブです。

 

写真に写っている黒いパーツがハンドルノブキャップです。

 

1円玉で簡単に外せます。キャップを外したらネジが見えるので+ドライバーで外します。

 

ネジが外れたら後はどこも留まっていないので手で引っ張るだけで外せます。

 

外したパーツはわからなくならない様順番に並べておくことをオススメします。

 

ベアリングに注油する

ではベアリングに注油しましょう。

 

難しいことは何もありません、1滴落とすだけです。

※スプレータイプは止めましょう。

 

注油量が調整できないうえに揮発するので時間が経つと回転が悪くなります。

 

スプレーオイルが揮発するとネトネトになります。

 

ベアリングの消耗を抑える効果はありますが回転が最悪になります。(経験者は語る・・・)

 

注油できたら軽く回して馴染ませてあげましょう。

 

あとは組みなおすだけ、バラす時と逆の順番に組み立てるだけです。

 

ハンドルノブはこれで完了です。

 

ラインローラー

ここは常に塩や泥などの汚れにさらされる場所です、定期的にきれいにしてあげましょう。

まずはネジを外します。リールによって+と-が違いますので合うドライバーを使いましょう。

ネジが外れました。

順番に並べておきます。

ベアリングが2つ共死んでいたので交換します。(手入れが足りていないとこうなります)

 

ベアリングが生きている場合は注油だけでOKです。

 

あとは組み上げて完了。

 

ネジを締めすぎると回転が悪くなる場合があるので注意しましょう。

 

これでラインローラーは完了です。ハンドルノブより少し難易度が高いです。

 

その他注油可能箇所

ドライブギヤのベアリング

ギヤと聞くと難しく感じるかもしれませんがそんなことはありません。

 

難しい解体をしなくても注油することが出来ます。

まずはハンドルと防水キャップを外しましょう。

 

ベアリングがあるので注油します。

 

それだけです、難しいことは1つもありません。

※チューニングしているのでベアリングの玉まで見えていますが通常はここまで見えません。

 

詳しくは後日解説します。

 

メインシャフト

シマノとアブのスピニングリールのメインシャフトはピニオンギヤ内部と接触している為、オイルで滑りを良くしてやると巻き心地が劇的に変わります。

 

やり方は簡単。シャフトに1滴塗るだけ、塗ったらリールを回して馴染ませてやります。

ある程度馴染ませたら余分なオイルをふき取って完了。

 

やり過ぎるとオイル過多でトラブルの元になるので気を付けましょう。

 

以上簡単にできるオイルメンテナンスでした。

 

たまにグリスの使い方を聞かれることがありますが、簡易メンテナンスにグリスは必要ありません。

 

グリスが必要なのは全解体ができる人のみです。

 

まずはオイルメンテナンスから挑戦してみてください!

 

今回は基本的なメンテナンスについて紹介しました。

 

後日タイプ別の詳しいやり方を紹介します。

 

僕が使用しているオイル

僕が使用しているのはIOSファクトリーの01PROと02PROです。

 

感覚的なところになるので上手く表現できませんが他のメーカーのオイルとは明らかに違います。

 

初めて使ったときは衝撃的でした。あとは細いノズル付きなのが有難い。

この激細ノズルのおかげで狙ったところに入れたいだけ注油できるのです。

 

他メーカーにもスポイト付きのオイルはたくさんありますがどれもこれも太すぎるのです。

 

ベアリングを外して注油するなら良いのですが、ドライブギヤ周りのように外から注油する場合はスポイトをベアリングに近づけることすら出来ないので狙ったところに落とすのが不可能に近いのです。

 

以上の理由からIOSオイルを愛用しています。

 

これからオイルチューンやオイルメンテナンスを始められる方はぜひ使ってみてください!(僕はIOSの回し者ではありませんよ・・・)

リールが変わる!IOSファクトリーのオイルをご紹介!
こんにちは!キノピーです。 突然ですが皆さん、リールにはどんなオイル使っていますか? 店でテキトーに選んだオイル使ってませんか? オイル一つでリールの使用感は確実に変わります。 オイルもロッド・リール同様にしっかり悩...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました