ロッドの先重りは悪なのか?

ロッド

こんにち!キノピーです。

 

今回は「先重りは悪なのか?」といった内容でお話しします。

 

よくある謳い文句、「バランスが良く先重りしません」

 

つまりこういう状態の事です。

 

果たしてこれは本当に良いことなのでしょうか?

 

結論から言ってしまえば「良くもあり、悪くもある」です。

 

用途と好みにもよりますが先重りした方が良い時、しない方が良い時が存在します。

 

では、詳しく見ていきましょう。

※イメージしやすいように釣りや釣り方の例を出してお話ししますがそれが絶対ではありません。

 自分の釣りのスタイルに照らし合わせながら考えていただけると幸いです。

 

スポンサーリンク

先重りしない方が良い時

ティップを下げない釣りをするとき

  • ウェーディング
  • サーフ
  • フォールでアタリを取ることをメインとするアジング

などです。

 

ウェーディングやサーフではロッドを下げることが出来ません。下げたら水に浸かったり地面に擦ったりしてしまうからです。

 

この場合、先重りのメリットはほぼありません。先重りするタックルだと重く、しんどく感じてしまいます。

 

下がろうとするティップを自分の力で支えないといけないからです。

 

フォールでアタリを取ることをメインとするアジングなんかも同じです。

 

強風でなければロッドを立てたまま操作する方が殆どでしょう。

 

その場合、先重りするタックルを使うという事はその分無駄な力を必要とします。

 

ハッキリ言って疲れます。

 

これらのような状況の場合は先重りは悪だと言えるでしょう。

 

先重りした方が良い時

ティップを下げた状態で釣りをするとき・大きなジャークを必要とする釣り

  • エギング
  • 高い足場での釣り
  • 強風時
  • リトリーブ中のアタリをティップで取りたいとき(メバリング等)

などです。

 

エギングなど大きなジャークを必要とする釣りでは先重りするタックルの方が良いです。

 

先重りするタックルは、ジャークの為の勢いをつけてしまえば後は惰性で勝手にルアーを動かしてくれます。

 

また連続ジャークをする際なんかだとロッドを下げる動作も必要なわけですが、先重りするタックルの場合は力を抜くだけで勝手にティップが下がります。

 

反対に先重りしないタックルの場合、重心が手元にある為ジャークの為の勢いをつけたとしてもルアーの負荷が乗った瞬間に止まってしまい惰性でルアーを動かすことが出来ません。最後まで自力でロッドを動かす必要があるのです。

 

やったら分かりますが結構キツイです。

 

また、フォール中はティップを下げてアタリを待つことが多いわけですが、先重りしないタックルの場合だとティップが下がりません。水平、またはそれに近いところで止まってしまいます。

 

そうなってしまうとティップにアタリが出にくいだけでなく、次のシャクリを開始するときにいちいちティップを下げないといけません。

 

こういうバランスのタックルを使うとよくわかりますが本当に不快です。一般的に良いとされる「先重りしないバランス」というものがかえって悪影響を与えてしまうのです。

 

高い足場での釣りや強風時の釣り、リトリーブ中のアタリをティップで取りたい釣りなんかも先重りしないロッドだとしんどいです。

 

ティップを下げるのに力がいるからです。

 

こういった釣りをするときは先重りするようにタックルを組むのがオススメです。

 

先重りしないタックルは軽快で良いように感じますがデメリットもあるのです。

 

 

番外編

「先重り」ではなく「手元重り」(タックル全体の重量に対し手元が重すぎる)なバランスの場合だと軽快に感じますが、ロッドの動きの制御が出来なくなります。

 

うまく表現できませんが、手元の重心にロッド全体が振り回される感覚です。

 

最悪です、めっちゃ使いにくいです。

 

何でこんな事が分かるかというと、色んなロッドを作り、色んな失敗をしてきたからです。

 

上に書いたこと全部が実体験です。

 

そしてもう一つ。

 

「自重を気にしすぎてはいけない、大事なのはバランス」という意見。

 

これは「自重自体が重くても先重りしないバランスだと軽く感じる」という意味だと思いますが、これは嘘ではありませんが真実でもないと僕は思っています。

 

同じ重さの場合、バランスが良いロッドの方が軽く感じるのは間違いありませんが、どれだけバランスが良かったとしても重いモノはどうしようが重いです。使うのもしんどいです。

 

例えば、バランスは悪いけど圧倒的に自重が軽いロッドはそこそこ重いけどバランスが良いロッドより楽に扱えます。

 

これまで色んなロッドを触り、使い、そして自分でロッドを作るようになって色んなロッドを作り、成功、失敗していくうちに辿り着いた現時点での僕の考えです。

 

僕よりも遥かにレベルの高い個人ロッドビルダーの方が「軽さは正義」と言っていましたがまさにその通りだと思います。

※今回の話の中ではパワーや耐久性は考えていません、あくまでも軽さとバランスといったテーマでの話です。

 

今回の話で先重り=悪ではないという事が分かって頂けたと思います。

 

変な謳い文句やイメージに振り回されないよう、自分の釣りのスタイルに合ったロッドを選ぶ参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました