PEラインを使うのにハイフレームガイドって必要?

ロッド

市販されている数多くのルアーロッド(スピニング)に採用されているハイフレームガイド。

 

個人的にはPEライン使用時はメリットよりもデメリットの方が大きく出ると感じている。

 

今回は「PEライン使用時にハイフレームガイドは必要か?」という内容でお話していこうと思う。

 

 

スポンサーリンク

ハイフレームガイドについて

 

KRコンセプトのハイフレーム型チョークガイド。

 

製品で言うと「KL-H」「KL-M」「KL-L」という型に当たる。

 

現在、市販されているショアソルト用ルアーロッドの多くが、バットにハイフレームガイドを採用している。

 

 

ハイフレームガイドのメリット

ガイドフレームが高くなることによって、スプールから放出されたラインが急激に絞られることなく次のガイドに送られる為、失速が少なくなるというメリットがある。

 

ある程度太さのあるナイロンラインやフロロラインを使う際には絶大な効果を発揮する。

 

 

ハイフレームガイドのデメリット

ラインがブランクから離れることによるパワーロスの増加と感度低下。

 

キャスト時のねじれも大きくなる。

 

 

僕がハイフレームガイドを嫌いな理由

ハッキリ言ってしまうが、僕はハイフレームガイドが嫌いである。

 

ハイフレームガイドではキャスト時にバットパワーを活かせていない感覚が強く残る。

 

ベリーから上だけで投げているような感覚が強く残ってしまう。

 

この気持ち悪さが許せない。

 

この感覚はどんなロッドでも共通して起こる。

 

1万円クラスのロッドでもG社のリミ○○ドシリーズでも似たような感覚。

 

もちろんブランクのレベルが違うので、全く同じ感覚にはならないのだがバットが活かしきれないという点では同じである。

 

自分で組んだロッドも、ハイフレームガイドを採用していたロッドはやり直し。

 

ガイドを買いなおし、セッティングからやり直した。

 

 

ハイフレームガイドを排除したロッド

アジングロッドのみガイドはそのままである。

 

ATガイドは残してある。

 

理由としては、アジングロッドでキャストするときにバットまで思いっきり曲げることはないからである。

 

それともう一つ条件があって、「PEラインしか使わないロッド」である事。

 

PEラインオンリーの使用であれば、ローフレームガイドにしても問題ない。

 

僕はルアー釣りは99%ソルトルアーであり、一部のライトゲームを除いてはPEライン以外を使うことはない。

 

元々、ハイフレームガイドを巻いていたロッドは2本のエギングロッドのみであったから、2本ともやり直した。

 

PEラインの使用ならローフレームガイドでも問題ない理由

PEラインであれば、ローフレームガイドでも飛距離が低下しにくいからだ。

 

コシが強く、巻き癖が付きやすいナイロンラインやフロロラインであれば、キャストした際にラインがガイドに強く干渉し、激しく失速して飛距離が大幅に低下してしまう。

 

しかしPEラインはコシが弱く、柔らかい。巻き癖も付きにくい。

 

だからラインの角度が急になるローフレームガイドでも干渉せずスルスルっと抜けてくれる。

 

実際ローフレームガイドにしても飛距離の低下は起こっていない。

 

むしろ飛距離は伸びている。

 

ローフレームにする際に徹底的にセッティングを見直し、何度もテストして完成させたからだろう。

 

バットパワーがしっかりと引き出せるようになったうえに、抜群に抜けが良い。

 

某メーカーのテスターが「そのロッドメッチャ飛ぶやん!」と言うぐらいである。

 

 

市販のロッドにハイフレームガイドが多い理由を考察

分からない。と言ってしまえばそれで終わってしまうので、少し考えてみよう。

  • 僕が知らないメリットがある
  • 大人の事情

とりあえずこの2点が有力?

 

僕が知らないメリットがある

PEライン使用時によるハイフレームガイドのメリットは、デメリットを大きく下回るというのが僕の結論なのだが、僕が感じられていないメリットが何かあるのか?

 

機会があればメーカーの開発者に聞いてみたい。

 

因みに某メーカーの超有名ビルダーさんとお話をさせて頂いたときは、「バットガイドを低くしたら抜けが良くなった」と言われていた。

 

全体のセッティングや使うルアー、ブランクとの相性があるから必ずしもこの限りではないと思うがローフレームガイドでも、抜けが良くなるセッティングが可能だという事は間違いない。

 

大人の事情

あまり考えたくはないが可能性はゼロではない。

 

あんまり言うと、某メーカーさんに失礼にあたるのでこれ以上は止めておく。

 

あとは読者の皆様の想像にお任せするとしよう(笑)

 

 

最後に

多くのロッドに採用されているハイフレームガイド。

 

自分の釣りではそのメリットが活きるのか?デメリットが大きく出てしまうのか?

 

そこも考えてロッドを選ぶことが出来れば、より自分に合うロッドが見つけられるようになるだろう。

 

ロッドビルドをしている方の参考にもなればと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました