ドリームアップ「ドリームシャッド」はコスパ最強!ロック・フラット・シーバス・太刀魚まで幅広く使えます!

ソルトショア

こんにちは!キノピーです。

今回はドリームアップの「ドリームシャッド」をご紹介します!

 

スポンサーリンク

ドリームシャッド

ドリームアップからリリースされているシャッドテールワームです。

ドリームアップワームではお馴染みの「ハンドポワード製法」で作られており柔らかいのが特徴です。

価格が定価640円と安いのが嬉しい!(2020年5月27日現在)

ハンドポワード素材でこの値段は破格すぎる・・・

カラーは全14色とかなり豊富!

※5インチのみ全10色

 

サイズは4種類!

  • 3インチ(5g)
  • 3.5インチ(8g)
  • 4インチ(11g)
  • 5インチ(16g)

※重量はキノピー調べ

 

以上4種に加え「ドリームシャッド」の小型バージョンの「ぺティーシャッド」もリリースされています。

 

ぺティーシャッドの紹介記事はコチラ↓↓

「ぺティシャッド」遂に発売!!ミドルゲームに最適!?簡単に解説します
こんにちは!キノピーです。 ドリームアップの新作ワーム「ぺティシャッド」が遂に発売されました!! ぺティシャッド サイズは2.5インチ カラーは全8色 UVホワイトグ...

 

ドリームシャッドで狙える魚

ドリームシャッドは様々な魚を狙えます。

フラットフィッシュロックフィッシュはもちろんですが、シーバス、青物、シイラ、ヒラスズキ、太刀魚などの実績があります。

目の前で釣られたこのヤイトハタは強烈なインパクトでした。(できれば僕のワームに喰って欲しかったです笑)

※この時の釣行の様子はコチラ↓↓

巨大ヤイトハタ現る!初めてのハードロックフィッシュゲーム!
こんにちは!キノピーです。 今回は朝からオオモンハタ狙い。 磯に入りたかったのですが波が荒く断念。 漁港周りでオオモンハタを狙います。 水深は約15m、横風が地味にウザい・・・ ...

 

3インチはカサゴや子オオモン狙いの「ライトロック」にも使えます。

少し大きく感じるかもしれませんが魚は普通にアタックしてきますし、ハンドポワード製法がもたらす柔らかさが深いバイトを生み出し、フッキングまで繋げてくれます!

 

同社のダート系ワーム「DD8」とまでは言いませんが多種多様の魚を狙えるワームです。

※DD8の解説記事はコチラ↓↓

ドリームアップ[ドリームダート8](DD8)でダートゲームを楽しもう!世界一詳しいルアー解説
こんにちは!キノピーです。 今回はドリームアップのDD8についてご紹介していきたいと思います。 左右への鋭い動きでターゲットを反応させるワインドの釣り。 タダ巻きやリフト&フォールなどの動きにスレた...
ドリームアップ・DD8(ドリームダート8)でダートゲームを楽しもう!世界一詳しい釣り方解説
今回はDD8(ドリームダート8)の使い方について解説をしていきたいと思います。 左右への鋭い動きでターゲットを反応させるワインドの釣り。 タダ巻きやリフト&フォールなどの動きにスレた魚も反応させてしまう奥の手! ...

 

 

ドリームシャッドの動き

シャッドテールワームはテールがピロピロと動き魚にアピールするというものですが、ドリームシャッドはテールの動きに加え、ボディそのものがローリングします。

このローリングアクションがこのワームの強み。

強烈に魚にアピールします!活性の高い魚がいれば勝負は早いです!

因みにテールを上側にセットしても下側にセットしてもちゃんとローリングアクションします。

どっちのセットも可能なのは魅力ですね!

 

 

ドリームシャッドの使い方

特に決まった使い方というものはないのですが僕なりの使い方をご紹介します。

上で「ローリングアクションが強み」と言いましたが、このローリングアクションを出すためにはある程度の速度で巻いてやる必要があります。

なのでボトムを釣るときは〇回巻いてフォールさせる、もしくはロッドを使ったリフト&フォールの使い方がオススメです。

巻く回数はその時の状況に応じて変えますが5回~10回の間で調整することが殆どです。

 

余談ですがオオモンハタはロックフィッシュですが中層までエサを追う遊泳力の強い魚なので、ワームをかなり浮かせても喰ってきます。

このオオモンハタはスイミング(ローリングアクション)中に喰ってきました。

しかしローリングで反応が薄い時にはローリングさせず底をズル引きするという使い方もアリです。

マゴチなんかには結構効くと思います。

 

ドリームシャッドと合わせるジグヘッド

ドリームシャッドと合わせるジグヘッドは特に決まりはありませんが僕のオススメをご紹介します。

 

DSヘッド30(ドリームアップ)

3インチ用の設計ですが4インチと合わせても釣れました。

ただ重さが20gまでしかないのでそれより重いジグヘッドを使いたい場合は他のモノを探す必要があります。

 

DSヘッド35

3.5インチ用の設計。

アシストアイがあるのも有難い。

 

タッチダウン(ゼスタ)

ヘッド形状がドリームシャッドと絶妙にマッチします。

このジグヘッドを使うときは「テールを上向き」にして使うのがオススメです。

 

ムゲンヘッドアシスト(フジワラ)


浮き上がりにくい
のがこのジグヘッドの特徴。

リトリーブの距離を長く取れるのでシャローエリアでは非常に使いやすいです。

しかしブレイクがきついポイントでは回収時に根掛かりしてしまう可能性が高まるのでオススメ出来ません。

適材適所で使いましょう。

あと値段が安いのも好ポイント!

 

 

キノピーのお気に入りカラー

僕のお気に入りの3色ご紹介します!

  • 生イワシ
  • アラハダグロー
  • レバーブラッド

生イワシ

見たら分かる、釣れるやつやん(笑)

写真では分かり難いかもしれませんが、ブルーとクリアとシルバーのラメが絶妙にマッチした見惚れる程綺麗なカラー。

釣れる釣れないの問題ではなく、このカラーが好き。この綺麗なカラーで釣りたいと思う。

実際良く売れるカラーでもあります。在庫確保大変でした。

 

アラハダグロー

ドリームアップが生み出した最強のカラー!(って勝手に思ってます)

とにかく釣れる、釣れまくる!

ドリームシャッドでの釣果の半分がアラハダグローなのではないかというレベル。

釣具屋で見かけたらすぐに買う事をオススメします。本当に在庫が持ちません・・・

 

レバーブラッド

コーラグミ(笑)間違えて人間が食べないように!

ワームを喰うのは魚だけで充分です(笑)

冗談はさておき、一見地味なこのカラー。イイじゃないですか。

パッと見ダーク調の暗いカラーに見えますが、クリアカラーなので光が当たれば透けます。

レバーブラッドという名前の通り?暗い血に似た色をしていますがこれが効くのかな?

水中ではどういう風に見えるのか非常に気になります。

 

※こちらの記事で海中での色の見え方に少し触れています↓↓

ルアーのカラーの話
こんにちは!キノピーです。 今回は「ルアーのカラーの選び方」についてお話ししたいと思います。 初心者の方からの質問で「一番釣れるカラー教えてください」というのが物凄く多いです。 まずそれにお答えして...

 

 

殲滅のメロングロー

ドリームアップ公式サイトにはない「釣具のマルニシオリジナルカラー」

全身メロングローのドリームシャッドがあれば良いのにとは思っていましたが、ありました(笑)

1投目から釣れるやつやん(笑)

メロングローはルアーの種類問わず僕の大好きなカラーです。

メロングローがお気に入り!この色なしで釣りは出来ません??
こんにちは!キノピーです。 今回は僕の好きなカラーの話。 僕が大好きなカラー「メロングロー」 要はマットな黄緑です。 こんな感じです↓↓ 僕としては絶対になくてはならない...

 

最後に

人気急上昇中のドリームシャッド。

数少ない「ハンドポワード製法で作られたシャッドテールワーム」であり、フラットフィッシュやロックフィッシュだけに留まらず様々な魚種で高い実績を残しています。

しかも安いというコスパ最強のワームです。

是非一度使ってみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました