川ヒラ挑戦!トライデントが神すぎた!

ソルトショア

今回は川ヒラ挑戦。

 

ポイントは増水後の河川。

 

約束などは一切していないが、到着したらいつものメンバーが揃っていた(笑)

 

しかも、僕が到着した頃には既に撤退モード。

 

5人いるのにロッドを持っているのが1人だけ(笑)

 

4人が帰ってしまい、残ったのは僕と師匠のNさんのみ。

 

何か状況は良くなさそうですが、とりあえず釣り開始!

 

 

スポンサーリンク

まずはミノーで

まずはタックルハウスのMからスタート。

 

シュッとした細身のミノー。

 

店頭で新品が並んでいるのは一度も見たことがない。

 

何となくこのルアーの雰囲気が気に入ったので、中古で購入した。

 

このルアーで釣りたい。そう思えるルアーである。

 

しかし、その気持ちとは裏腹に魚からの反応はない。

 

 

次はトライデント90!

シマノのトライデント90を投入!

 

圧倒的な飛距離を叩き出すこのルアーで、誰も届かないポイントを攻めてみる。

 

このトライデントといい、サイレントアサシンといい、シマノのルアーは飛距離がヤバい。

 

トライデントもサイレントアサシンも初めて投げた時は、飛びすぎて引いた。

 

このポイントは非常に浅く、底には流れてきた大木が沈んでいたりもする為、遠くに飛ばしたくても沈むのが速いルアーを使うことができない。

 

トライデントは飛距離は出るが、極浅レンジにも対応できるのでこのポイントにはピッタリである。

 

投げるポイントを少しずつ変えながら、流れに乗せてドリフトさせながら探っていく。

 

魚の活性はあまり高くないようで、アジのアタリみたいなショートバイトが偶にある程度。

 

なかなか厳しい・・・

 

 

タックルチェンジ、そして・・・

タックルをより繊細なモノに替えてみる。

 

ドリームコンスリー88H+20ツインパワー3000MHG+PE0.8号の組み合わせから、自作エギングロッド7フィート7インチ+15ツインパワー2500S+PE0.6号のセットにチェンジ。

 

タックルを替えるのにゴソゴソしているとNさんから「喰った」の声。

 

一旦タックルを置いて、Nさんのもとに走る。

 

この時はNさん専属のタモ係がいなかったので、僭越ながらタモ係を務めさせて頂いた(笑)

 

僕のボーダレスランディングシャフトのデビューフィッシュはNさんのヒラスズキ(笑)

 

シャフトが異様に軽いので、操作が抜群にしやすくランディングがスムーズに行えた。

 

このお方、相変わらずよく釣られます。

 

 

助っ人登場

タックルを繊細にしたことによって、水中の変化がより分かりやすくなった。

 

水の流れも変わり始め、釣れる雰囲気が漂ってきたタイミングで、強力な助っ人が登場!

 

この人こそNさん専属タモ係と言われるYさんだ。

 

そしてYさんが来た直後に掛けるNさん。

 

「専属の実力を見とけ(笑)」と言い放ち、タモを持って走るYさん。

 

エラ洗いでルアーが外れた瞬間に掬うという大技を見ることができた(笑)

 

流石でございます。

 

 

トライデント60投入

ショートバイトが多発するので、少しセコいかと思いながらも、小型ルアーを投入。

 

普通なら、このサイズのルアーでは飛距離が足らないが、トライデントは異様に飛ぶのでこのサイズでも遠くのポイントを撃つことができる。

 

タックルをライトにしたことによって、このサイズでも十分に水中の情報を読み取ることができる。

 

フルキャストした先での巻き始め、瀬の向こう側でヒット!

 

タックルをライトにした分、苦戦するかと思ったがあっさりと魚を寄せることが出来た。

 

しかしタモ入れ直前にバラしてしまった・・・

 

この後、全く同じパターンでもう1匹バラしてしまった・・・

 

 

再度トライデント90投入、そして・・・

60のフックが折れてしまったので、再度90を投入。

 

活性が上がっているこのタイミングなら喰うはずだ。

 

遠投して、瀬の向こう側から丁寧に攻める。

 

すると追いかけてきたのか、割と近めでヒット!

 

タモを離れたところに置いていたので、ファイトしながらタモのところまで歩く。

 

今度はタモ入れ成功!3度目の正直とはよく言ったものだ。

50㎝ほどであるが、とりあえず川ヒラゲット!

 

蘇生を試みたが、どうにもならなかったのでキープした。

 

 

名作ワンダーを投入!

トライデントで釣れたので、今度はワンダーを投入してみる。

 

シーバスでのシンペンと言えばコレ!とまで言われるほどのド定番ルアー。

 

トライデントには及ばないが、これも十分な飛距離が出る。

 

流れに乗せてドリフトさせながら曳くと川の真ん中あたりでヒット!

 

今度もランディング成功、先程よりもサイズアップのヒラスズキをキャッチ!

 

口が2つ?ある奇形であった。珍しい。

 

 

時合は過ぎ去り単発に・・・

短時間でバタバタとアタリが出る時合が何回かあったが、その時合も終わり、単発のボイルが偶に起こる程度となった。

 

流れや地形の変化に着いていたと思われる魚からの反応はなくなり、橋脚周りで単発でボイルしている小型個体の反応があるだけの状況となった。

 

深夜3時半まで頑張ったが追加は出来ず、疲れたので納竿とした。

 

 

最後に

掴みどころがない、難しいというかよく分からない展開だったが、何とか2匹のヒラスズキをキャッチすることが出来た。

 

トライデントへのバイトがダントツで多く、このルアーの強さを感じた釣行だった。

 

これから本格的に秋を迎え、忙しいシーズンに入ってくる。

 

磯ヒラも始まるので、今度は磯からヒラスズキを釣りたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました