ショアからハタ狙い!熱中症にはご注意を!

ソルトショア

今回はハタ狙いで釣行。

 

いわゆるハードロックってやつ。

 

真夏の昼間に磯を歩く釣りになるので熱中症には十分注意すること!

 

YouTubeにもUPしました↓↓


まずは外洋に面した潮通しの良いポイントに入った。

(これは別の日に撮った写真だが、当日の海はもっと青かった)

 

水深は深くないが潮通しが良く、根が点在しているのでベイトが入っていればハタも入っているだろうと予想。

 

まずはドリームシャッド4インチのスイミングで探ってみる。

 

根の周りを順番に撃っていくも魚からの反応はナシ・・・

 

少しずつ移動しながら広く探るもアタリはナシ・・・

 

魚がいないのか?いれば何かしらの反応があるはずなのだが・・・

 

ベイトは目視できないが、キビナゴの場合だと深い層にいる場合もあるのでベイトがいないと決めつけることは出来ない。

 

うーん、難しい。

 

この後、VJ(ハタ用にチューニング済み)も投入してみたが異常はなく・・・

 

一度オオモンハタを諦め、アカハタ狙いにシフト(笑)

 

根が荒く、ジグヘッドを通せないようなポイントをフリーリグで撃ってみる。

 

ワームはド定番のバグアンツ。

【メール便可】エコギア BUG ANTS (バグアンツ) 384 ホットオレンジフラッシュ 3inch/82mm 8pcs. ルアー

 

ボトムをトントン叩きながら探っていく。

 

さすがフリーリグ、根に引っかかってもすぐに外れる。

 

これは使いやすい!

 

そんな事を考えながらひたすらトントンしていると、ティップを叩くようなアタリ。

 

ほぼ根の中で喰わせたと言っても過言ではない状況なので、強くフッキングを入れ一気に引き剥がす。

 

釣れたのはアカハタ。

 

小型ながらも、狙っていた魚を釣ることが出来た。

 

ボウズ逃れはできたので(笑)本日の本命、オオモンハタ狙いに戻る。

 

しかしオオモンハタは気配すらない。

 

ここでポイントを移動することにした。

 

次のポイントは、外洋には面していないが水深が深く潮通しも良いポイント。

 

10mほど先から一気に落ちるブレイクがある。

 

水深2mから30mまで落ちる壁。ルアーの通し方を考えないと、この壁にルアーが喰われる(笑)

 

沖は海藻が点在するものの、岩場はないので回遊待ちの釣りになる。(小さいのは海藻に着いていたりもするが)

 

以前、デカいオオモンであろう魚を掛けたが、壁に擦られ獲れなかった苦い記憶があるので、今回は長いヒラスズキタックルで挑む。

 

11フィートのロッドにリールは4000番、PEは1.5号である。

 

これで獲れなかったら諦めるわ(笑)

 

まずはドリームシャッド5インチ、ジグヘッドは42gでスタート。

 

ハイアピールのリグでルアーの存在をアピールする。

 

潮はいい感じに動いており、手元には心地よい抵抗感が伝わる。

 

ヒラタックルの使い心地は最高、このポイントにかなりマッチしている。

 

ジグヘッドリグをスイミングさせるような釣り方であればロングロッドのデメリットは感じない。

 

かなりいい感じだ。

 

が、魚からのアタリはない・・・

 

途中強烈な通り雨に見舞われ、もう最悪。

 

粘れば出そうな気配もあったが、これ以上潮が満ちると帰れなくなるので泣く泣く移動。

 

この日最後のポイントは漁港。

 

去年、僕が良型オオモンを釣ったポイントである。

ここで最後の勝負。

 

前に回った2ヵ所より魚っ気がある。

 

が、ハタっ気はナシ・・・

 

フグにワームを齧られただけ。

 

一日通して小さなアカハタ1匹とかなり悲しい釣果となってしまった。

 

しかし、行けば釣れるほど甘い釣りではないことは分かっているので、何度でもチャレンジしたいと思う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました