沖磯アタック!色々欲張って狙ってみた

ソルトショア

今回は沖磯へ!

 

狙いはシオ!らしい・・・(笑)

 

僕は欲張って色々狙ってみる。

 

シオ、アカハタを中心にオオモンハタ、シイラ、ヒラスズキなど。

 

YouTubeにもUPしました↓↓

スポンサーリンク

朝一は表層狙い、まさかの魚が釣れた(笑)

まずはポッパーを投げてみる。

 

TKP115YKで活性の高い青物がいないかサーチ&ポッパーのスプラッシュで魚を寄せる狙い。

 

ポコポコしているとルアーの後ろで魚っぽい波紋。

 

反応はしているものの、トップまでは出てこない様子。

 

なのですぐさまミノーに切り替える。

 

サイレントアサシン120フラッシュブーストを投げてみる。

 

買ったものの、殆ど使っていなかったのでこの機会に使ってみる。

 

何も考えず投げてみたが、その飛距離に驚愕。

 

初速が速いうえに、飛行姿勢が良いのか失速しづらい。

 

強風時や遠投が必要な場面では大きな武器となるだろう。

 

ここでの狙いは青物なので速巻きで誘ってみる。

 

ブレイクに差し掛かったあたりでヒット!

 

しかし痛恨のバラシ。

 

バラしたのは残念だが、魚がいるとこははっきりした。

 

切り替えて次のキャスト。

 

何投かはノーバイトであったが、まだチャンスはあるはず。

 

ルアーは変更せず、サイレントアサシンを投げ続ける。

 

すると先程と同じところでヒット!

 

今度はバラさないように慎重にファイト。

 

抵抗を見せる魚。

 

ロッドはAK1150で作ったヒラロッド。

 

このロッド相手に抵抗できるという事はそれなりに良い魚だろう。

 

そんなことを考えながら寄せると真っ赤な魚体が見える。

 

赤い??え?何で??

 

てっきりアカハタだと思い???になりましたが、よく見ると違う。

尺オジサン(笑)

 

そんな表層までルアーを追う魚だっけか??

 

なかなかいいファイトを見せてくれた。

 

 

全層シオ狙い

表層では青物は出なかったので、全層探っていくことにする。

 

まずはプチダッカー16g。

 

僕が絶大な信頼を置くメタルジグ。

プチダッカーは超万能!青物から根魚、砂物までこれ一つでOK!
こんにちは!キノピーです。 今回は僕が最強のジグと信じてやまないプチダッカーの紹介をしたいと思います。 何が凄いのか?どう使えるのか? 具体的に解説しますので是非最後までご覧ください! ...

 

秋には新作が出る、楽しみ。

 

ボトムから表層まで幅広く探っていく。

 

ジャーク、フォール、スイミング、全ての動きで誘えるのがプチダッカーの強み。

 

動きに変化を付けながら誘うもノーバイト。

 

ならばと今度はDD8。

 

ダートで反応を見る。

 

この釣り方もシオには効果的。ジグが良い日とダートが良い日はけっこうハッキリ分かれる。

 

まずは中層より下を探ってみる。

 

ダートさせながらある程度誘いあげたら、フリーフォールでボトムを取り直す。

 

フォールで見切られたくないので、回遊魚狙いの時はフリーフォールを多用する。

 

逆に、フォールで喰わせたい根魚なんかを狙うときはカーブフォールを多用する。

 

狙う魚種別で誘い方を変えられる、これが僕がDD8 を好む理由の一つ。

 

詳しくはコチラをご覧ください↓↓

ドリームアップ・DD8(ドリームダート8)でダートゲームを楽しもう!世界一詳しい釣り方解説
今回はDD8(ドリームダート8)の使い方について解説をしていきたいと思います。 左右への鋭い動きでターゲットを反応させるワインドの釣り。 タダ巻きやリフト&フォールなどの動きにスレた魚も反応させてしまう奥の手! ...

 

ボトムから中層までを集中的に狙っていくと、ボトムから少し浮かせたところでヒット!

 

ファーストランで少しドラグが出る。

 

僕のガチガチドラグを出すとはなかなかやるではないか。

 

その後も抵抗を続ける魚。ここまで抵抗してくれる魚も久々。

 

楽しいファイトだったが、最後はドリームコンスリー88Hのパワーでねじ伏せる。

 

上がってきたのは本命シオだったが何か変。

 

よく見ると横っ腹に掛かっていた(笑)

 

よく引くわけだ。どれだけ引っ張っても頭がコチラを向かないのにも納得。

 

サイズも30㎝程度と喜べないサイズだった・・・

 

連続ヒットを狙い、ボトム付近を攻めていくとまたヒット!

 

しかしこれは掛けた瞬間から違うと分かる。

 

間違いなくアイツだろう。

予想通りのアカハタ君。最近の登場率が非常に高い(笑)

 

旨い魚だが最近は飽きられている感が否めない。

 

何年か前なら飛び上がって喜ぶレベルの魚だったのだが・・・

 

このアカハタの後は本当に何も当たらなくなってしまった。

 

フグすら追ってこないキツイ状況。

 

磯替わりするまでに釣れたのは小さなエソ1匹だけであった・・・

 

 

 磯替わり!アカハタパラダイス??

次の磯はアカハタパラダイスらしい。

 

お土産釣りをするのだとか。

 

僕もグッドサイズのアカハタを狙いたいところだが、ヒラ師としては見逃せないサラシがあちこちにできていたので、ヒラ狙いからスタート。

 

アレコレ試すもノーバイト。それもそのはずベイトが全くいない。

 

小魚の影すら見えない。暑すぎるのだろうか?

 

例年なら小鯖が湧いているはずなのだが・・・

 

船長曰く、6月で消えたらしい。

 

釣れないヒラスズキに見切りをつけ、アカハタを狙いに切り替える。

 

しかし・・・・・無。

 

びっくりするぐらいの無。

 

 

アカハタを求めて旅に出る

ここは船でしか渡れないが、地続きの磯なので歩ける範囲がかなり広い。

 

なのでランガン!(笑)

 

沖磯でランガンすることになるとは思わなかったが、じっとしていても釣れる見込みがないので仕方なし。

 

途中、90°に近い壁を上ったりもしながら、あちこち撃ってみるが何も出てこない・・・

 

3人で投げまくるも誰も釣れない・・・

 

ハッキリ言ってお手上げ。

 

投げても釣れる気がしないので、足元の穴に落としてみる。

 

水深があるので着底したら巻き上げ、スイミングで誘ってみる。

 

一撃でドン!

そこそこ良型、ドリームシャッド3.5インチ丸呑み。

 

しかしこれで最後。この後は本当に何もなく終了。

 

15時まで続けることもできたが、全員12時で磯上がり(笑)

 

なかなか渋い一日となった。

 

 

最後に

オジサン1匹、シオ1匹、アカハタ4匹、エソ1匹とかなり寂しい釣果に終わってしまった。

 

聞けば3日連続でアカハタを抜いてしまっていたそうな。

 

アカハタはタイミングが悪かったと思うしかないかな?

 

ヒラと青物はベイト次第か?

 

ベイトは少ないがいないわけではないので、着き場を見極めることが重要になりそう。

 

またシオリベンジ行きます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました