メッキ釣りミッション!まさかの激渋で大苦戦?

ライトソルト

今回はメッキ釣り。

 

メッキ以外の魚は認められない、そんな釣行。

 

絶対に釣らないといけないので、朝7時からスタート。

 

一体どうなることやら・・・

 

 

スポンサーリンク

まずはホームから

この日は満潮が8時過ぎ、僕のホームは潮位が下がると釣れないので朝の潮位の高い時間帯に決着をつけるという狙い。

 

しかし残念ながらこの狙い通りにはいかず・・・

 

チェイスすらなかった・・・嫌な予感

 

こういう事態も想定して、回るポイントは考えていたので気を取り直して次のポイントへ向かう。

 

 

チャンス到来も・・・

やってきたのは漁港のスロープ周り。

 

結構広いので端から端まで撃てば何匹か出るだろう。

 

という考えは甘かった。

 

時折チェイスはあるものの、10㎝以下のものばかり・・・

 

もし仮に釣れたとしてもこれでは流石にダメだろう。

 

この時点でかなりヤバい気がしてきたが、そんなことも言ってられないのでひたすらルアーを投げ続ける。

 

遂には、普段絶対に使うことがないストリーマーまで使いだす始末。

 

そこそこ飛距離が出る上にこのサイズ感。

 

喰わせの切り札的存在であるが、なんとなく普段は使わない。

 

投げてみるとこのサイズ感が良いのか?何匹か追いかけてくる。(かなり小さいが)

 

小さくてもノーチェイスよりはマシなのでストリーマーを投げること数十分。

 

ピックアップ寸前に足元の陰から出てきたメッキがバイト!

 

横から喰いに来たのではっきりと見えた。

 

デカくはないが、釣れれば一息つけるサイズ。

 

鈎には触れたがフッキングしなかった・・・

 

鈎先はピンピンなのにも関わらずフッキングしなかったという事は、喰いがかなり浅いという事か。

 

事の直後はそんなことを考える余裕もなく、ただただガックリしていたが(笑)

 

結局このポイントでもこの1バイトのみで終了した。

 

 

今年良型が釣れたポイントへ

次は7月に僕が良型メッキを釣った河口ポイント。

トップでチヌ狙い!水面を炸裂させたのはまさかのアノ魚!
今回はトップでのチヌ狙い。 実はまだトップでチヌを釣った経験はない。 偉そうにチヌトップとか言ってみるが何もわからないのだ(笑) とりあえず今自分が持っている知識で色々試してみることにする。 ...

 

ここも潮位が高くないと厳しいので早めにチェック。

 

時折、イナッコを追いかける姿も確認できたので数は少ないが魚はいるようだ。

 

ルアーにも反応し、チェイスを見せるがバイトには至らず・・・

 

何回か追尾してきただけであった。

 

 

ここでダメならヤバい?本命ポイントへ

潮位が良い感じになってきたのでこの日の本命ポイントに入る。

 

正直ここで釣れなければもう駄目だと思っていた。

 

釣り方は分かっているので、魚がいれば釣れるはず。

 

ここで釣れるメッキは8割方ミノーでの釣果なので最初からミノーを投入する。

 

ポイントはかなり広いので、歩き回って魚を探す。

 

釣れるところは大体決まっているので、そこを重点的に撃つもチェイスすらなし。

 

普段行かないところまで探ってみたがノーチェイス。

 

最終ワームまで出したがそれでもダメ。

 

これはちょっと想定外。

 

ヤバい、さすがにヤバい。かなり焦ってきた。

 

 

遂に本命登場??

次は漁港内のポイント。

 

スロープ周りや船道を狙う。

 

足場が高く、プラグでは足元まで曳けないのでワームを使用。

 

速いテンポで連続ダートさせる。

 

ジグヘッドは来年発売予定のプロト。

 

これは某ボスからのミッション。

 

「釣って写真撮ってきて!絶対切るなよ・・・」

 

恐ろしい、恐ろしい。

 

釣って写真を撮るだけなら余裕だが「絶対切るなよ」のプレッシャーがヤバい(笑)

 

根魚やカマスは怖いので、メッキや小型回遊魚狙いぐらいしかできない。

 

メッキ狙いの時もメインラインは1ランク、リーダーは2ランク強くして使っている。

 

使うのは怖いが、使ってみればまぁ何と優秀だこと。

 

ライトゲームのダートジグヘッド市場を独占していると言っても過言ではない某ジグヘッドはもう僕のケースから消えるだろう。

 

早く発売して心置きなく使わせてほしい。

 

一応言っておくが、僕は現在メーカーの関係者とかではない(笑)

 

そんな使うのも怖いジグヘッドでワインドをしていると遂にヒット!

 

魚は何だ?メッキであってくれ。

 

見えてきたのは体高のある銀色の魚。

 

取り込む前にヨッシャーと叫ぶも、いざ抜き上げてみるとシオであった(笑)

 

うん、嬉しいよ。普段なら。普段ならメッチャ嬉しいけど今日に限っては「何でお前やねん」としか思わない。

 

とりあえずプロトジグヘッドで魚が釣れたので写真を撮ろうとしたが、暴れてフックアウト。

 

そのまま海にお帰りになられた。「ホンマあいつ何やねん」

 

結局このポイントではこのシオ1匹の釣果に終わった。
 

 

望みは薄いがとりあえず・・・

次は河口のサーフ。

 

望みは薄いが、状況が状況なので撃てるポイントは撃っておく。

 

まぁ魚は出てきませんでしたよ。

 

この時点で開始から5時間が経過。

 

昼食を食べたらすぐに次のポイントへ向かった。

 

最後のポイントへ

もう投げるしかないのでとにかくルアーを投げまくる。

 

僕が持っているメッキ釣りのノウハウ全てをつぎ込み、1匹のメッキを釣りにいく。

 

しかし、2時間ノーチェイス。

 

 

一旦休憩!

もう駄目だと思ったのでここで1時間休憩を入れた。

 

夕まづめに全てを掛ける。

 

この間に釣具屋に走り、2日後のボートロックの為のワームを買いに行った(笑)

 

 

最後の勝負

そして迎えた夕まづめ。

 

何かは分からないが、所々でボイルが起こっている。

 

しかしそのポイントには全く届かない・・・

 

 

最後の手段、そして・・・

出来ればやりたくなかったが最後の手段。

 

入水して近づく。

 

サンダルで牡蠣殻の上を歩くのは恐怖でしかなかったが、もうそんなことは言っていられない。

 

歩けるギリギリのところまで行ったら雰囲気が変わった。

 

水がよく動いているし、地形変化もある。

 

釣れる、直感でそう思った。

 

ここで取り出したのはペンシルポッパー。

 

牡蠣殻まみれなのでほぼ潜らないルアーを選択。

 

表層でポコポコしているとメッキがバイトしてきた。

 

当たった感触で分かる。デカい。

 

活性は高そう、鈎には触れなかったのでもう1発出るだろうと思い、同じところにキャスト。

 

表層をポコポコしていると水面炸裂。

 

待望のヒット。しかし足元は牡蠣殻まみれ、安心は出来ない。

 

魚はデカい、ミスったら切られる。

 

慎重に慎重に魚を寄せて遂にキャッチ。

 

約25㎝、良型メッキだ。

ありがとう、ペンシルポッパー。

 

この時、夕方5時を過ぎていた。開始から10時間、ようやく手にした1匹はいつもの何倍も嬉しかった。

 

この直後、もう1匹追加。

少しサイズは下がったが、1匹目よりもパワフルだった。

 

これにてミッション達成!何とか帰ることが出来た。

 

 

本日のミッション

今回のミッションはつりニュースの表紙撮影。

何とか形になってホッとした。

 

因みに記事を書いているのは僕ではありません。

 

今回は表紙撮影に協力させて頂きました。

 

貴重な体験をさせていただきありがとうございます。

 

(撮影の為に外しましたが、釣りの最中はフェイスマスクを着用しています)

 

 

最後に

ここまで苦戦するとは思いもしなかった。

 

今回ではっきりしたが、今年は越冬組がいるが1年生がかなり少ない。

 

釣れればデカいが絶望的に数が出ないシーズンになるかもしれない。

 

今回もミッションはクリアしたが、某ボスからのミッションがまだなので頑張りたいと思う。

 

次回はボートロック、乞うご期待。

 

 

使用タックル

メッキロッド(LST662L)  (自作)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました