「Fチェンジヘッド」フックが可動する?ターゲットに合わせて自由自在!

アジング

何やら面白いジグヘッドがある。

 

フックが動く上に脱着もできるらしい。

 

 

スポンサーリンク

その名もFチェンジヘッド

ZEAKEから発売されているジグヘッド。

 

最大の特徴はフックの脱着が可能であるという事である。

ヘッドのウエイト部のスナップにフックを掛けるという風になっている。

 

ラインナップは0.6g~28g。合計12種類とかなり豊富。

 

0.6g~5gまではストレートフック、7g~28gはオフセットフックが標準装備されている。

 

フックは用途や好みに合わせて自由にカスタムできるのが面白い。

 

Fチェンジヘッドの「F」はフックのFだという説もあるがフックの綴りはHOOKのはずである・・・

 

Fチェンジヘッドはフックが動く!

写真を見て分かる通り、フックはヘッド部に完全に固定されるわけではないのである程度フックが動く。

 

これにより、ワームの動きが大きくなったり、掛かった魚がバレにくくなったりするのである。

 

 

実際に買ってカスタムしてみた

理論だけなら何とでも言えるが、実際どうなのか?

 

今回は0.6g~5gまでを購入。

0.6g~2gはアジング、3g~5gはカマスで使う予定だ。

 

カマスを狙う際はフックを下向きにするのだが、Fチェンジヘッド純正のフックでは小さすぎるのでフックを交換する。

純正フックを外して、カマス鈎を下向きに付けるだけ。

これでFチェンジヘッドカマスカスタムの完成である(笑)

ぺティーシャッドを装着してみると、鈎が小さい事がはっきりと分かる。

 

もう一回り大きい太刀魚鈎の方が良さそうだ。

 

軽いところは尺メバル狙いにも良さそう。

 

フックを管付きの伊勢尼やチヌ鈎にしておけばフックを曲げられたり折られたりすることもないだろう。(スナップ部が耐えられるかどうかは分からないが・・・)

 

アシストアイもあるので、フックを付けたり、ブレードを付けたりと様々なカスタムが出来る。

 

 

アジングで使ってみた

実際に豆アジングで使ったみたところ、色々なことが見えてきたので纏めたいと思う。

 

 

Fチェンジヘッドのメリット

  • バレにくい
  • ワームがよく動く
  • バレにくい
  • ワームがズレにくい
  • バレにくい
  • 魚の口に入っている時間が長い
  • バレにくい
  • ライン・スナップが通しやすい
  • バレにくい

 

バレにくい

魚の動きに合わせて、フックがある程度動いてくれるので掛かってしまえばバレない。

 

びっくりするほどバレない。普通だったらバレるような掛かり所でもバレない。

 

マジでびっくりする。これだけでも使う価値アリ!

 

ワームがよく動く

従来のジグヘッドではシャンクから先の部分しかワームの動ける部分がなかったが、Fチェンジヘッドはフックが動くためワームの動きが大きくなる。

 

アピール力が上がるので、より魚に見つけられやすくなる。

 

ワームがズレにくい

フックを掛けるスナップの部分がワームキーパーになるので、ワームがズレにくい。

フックで止めるのではなく、キーパーまでしっかり押し込む。

 

ワームが細いと裂けてしまわないか心配になるが、ワームにはある程度の伸縮性があるので意外と大丈夫。

 

ワームがズレないことによって、フッキングミスをした直後でもバイトが出る可能性が残る。

 

1投で3回フッキングをしたがワームはズレていなかった。(1投で3回もフッキングミスをしたとも言う・・・)

 

魚の口に入っている時間が長い

フックが動くからか?吐き出し難いみたいで、モゴモゴしているのが凄く伝わってくる。

 

すぐに吐き出すヤツもいるのだが、吐き出すまで苦労しているヤツが多いように感じる。

 

結果、少々フッキング動作が遅れたとしても鈎に掛かってくれる。

 

ライン・スナップが通しやすい

これは本当にありがたい。僕はまだしばらく縁がないと思うが、〇眼がきている方は本当に助かるのではないだろうか。

 

アイがデカいって素晴らしい!!

 

数釣りには最高

口に入っている時間が長いからフッキング動作が遅れても鈎掛かりし、変なところに掛かってもバレにくいから魚を散らすことも少ない。

 

ワームがズレにくいから、もしフッキングミスをしてもチャンスが残る。

 

複数匹でワームを奪い合うような状態であれば、その効果は絶大なものとなる。

 

こんなに数釣りに向いたジグヘッドがあるだろうか?

 

Fチェンジヘッドのデメリット

  • 感度が落ちる
  • 鈎の質がアジング専用ジグヘッドに比べると落ちる
  • ワームが傷みやすい

 

感度が落ちる

通常のジグヘッドであれば、アイと鈎先は一体であるものがほとんどである。

 

つまり鈎先への衝撃はダイレクトにラインに伝わる。

 

Fチェンジヘッドはアイと鈎先が一体でない為か、アタリの出方が小さい。

 

フックが動く分、衝撃を吸収している可能性もあるのでまた検証してみようと思う。

 

動くフックが衝撃を吸収しているならどうしようもないが、アイと鈎先が一体でない事が原因なのであれば、スナップの使用をやめて直結にすればアタリの出方は変わるはず。

 

普段は絶対にスナップを使いたい派なので、直結にするのは検証の時だけだが・・・

 

感度が落ちると言っても、豆アジのアタリも取れるので実用には問題ないだろう。

 

それを補って余りあるメリットもあるし。

 

反響系の大きなアタリを楽しみたいなら向かないかも・・・

 

鈎の質がアジング専用ジグヘッドに比べて落ちる

コートナシ、鈎先の鋭さ△。

 

豆アジでも問題なく釣れるのでデメリットとまではいかないかもしれないが少し気になった。

 

鈎が良ければ釣果はまだ伸びる。アジ専用にするわけにはいかないだろうから仕方ないか・・・

 

いいストレートフックないかな??

 

オーナーのフロートリガーとかアリかも・・・

 

オープンゲイブ・細軸・フッ素コートのストレートフックとかないよなぁ・・・

 

ワームが傷みやすい

フックキーパーにねじ込むので、交換時にワームが傷んでしまいやすい。

 

これは仕方なし。

 

 

こんな方にオススメ

  • 数釣りがしたい方
  • バラシが多くて悩んでいる方
  • なかなかフッキングさせられない方
  • 今使っているジグヘッドに飽きた方

 

これらに当てはまる方はぜひお試しください!

 

 

最後に

Fチェンジヘッドはメリット・デメリットがはっきりしたクセの強いジグヘッドだが、しっかり理解したうえで使えば大きな武器となるだろう。

 

今回はアジングでの使用だったが、様々な魚種が狙えるジグヘッドなので他の魚種でも試してみてほしい。

 

フックのカスタムで釣果は大きく変わるだろう。

 

これまでになかった新しい形のジグヘッド、ぜひお試しアレ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました