20ツインパワーのハンドルノブをスタジオオーシャンマークAG37に交換

リール

こんにちは!キノピーです。

 

先日購入した20ツインパワー3000MHG。

 

実は、ハンドルノブをどうしようか悩んでいました。

 

僕はT字ノブがあまり好きではありません。

 

だからラウンドノブに替えたいと考えていました。

 

そして色々考えたうえで出した条件が

  • 金属素材ではない事
  • 値段が高すぎない事
  • 重すぎない事

の3つです。

 

金属素材が嫌な理由は、冬場に冷たくなるからです(笑)本当にそれだけ・・・

 

金属素材のノブは一応持っていますが今はパーツケースの中ですからね(笑)

 

次に値段。ハンドルノブ1つに1万とかは流石にきついので、具体的な金額は定めていませんでしたが高すぎないのにしたかった。

 

最後に重すぎない事。ラウンド型はサイズが大きいモノが多く、その分重いです。

 

ハンドルノブが重すぎれば全体のバランスが崩れる為、かえって改悪となる可能性があるので避けたっかった。

 

それらの条件で色々考えた結果、僕が目をつけたのがスタジオオーシャンマークのACシリーズでした。

他にも条件を満たすものはありましたが、なんとなくデザインが気に喰わなかったりとかで止めました(笑)

 

しかしAC33にしようかと思っていた矢先、フラッと寄った釣具屋でAG37を発見。

 

大きすぎると思っていたので候補から除外していましたが何故か即購入(笑)

 

まあ、合わないなら合わないで15ツインパワーの4000HGもまだT字ノブのままなのでそっちに付けても良いでしょう・・・

 

普段ならこんな買い方はしませんが、手が折れてもう1か月以上釣りが出来ていないので頭がおかしくなっていたんでしょう(笑)

とりあえず開封してみました。

 

中には、ノブ本体と調整ワッシャー、ノブキャップを外す用の工具が付属していました。

 

ベアリングは付属していませんでしたので、元々使っていたのをそのまま使うか、新しいベアリングを準備する必要があります。

 

箱に入っている時は、使えそうだと思いましたがやっぱりちょっとデカいか・・・

 

すぐにでも取り付けたいところでしたが、折れた手では適切なトルクでネジを締めることも出来ませんし、クリアランスの調整も大変なので手が治ってからゆっくり付けることにします。

 

使用したらまた記事にしたいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました