キャロ・フロート用リールを考える。価格別おすすめ機種もご紹介!

アジング

こんにちは!キノピーです。

 

今回はキャロ・フロート用のリールについて考えていきたいと思います。

 

ジグ単用リールの記事はコチラ↓↓

ジグ単用アジングリールを考える。価格別おすすめ機種もご紹介!!
こんにちは!キノピーです。 今回はアジングのリールについて考えていきたいと思います。 ロッドの話はこちらから↓↓ アジングではジグヘッド単体での釣りの他にもキャロやフロートを...

 

キャロ用ロッドの話はコチラ↓↓

キャロ用アジングロッドを本気で考える。オススメのロッドもご紹介!!
こんにちは!キノピーです。 今回は「キャロ用アジングロッド」についてお話していきます。 前回、キャロについてのお話をしました↓↓ 今回はロッドの話。 キャロ専用のアジングロッド...

 

スポンサーリンク

キャロ・フロート用リールに求められる性能

  • 巻きたい太さのラインが必要量巻けること
  • ロッドとのバランスが取れること
  • 水中の変化を感じられる巻き感度があること
  • ラインローラーがしっかり回転すること
  • 魚に負けないパワーがあること

 

巻きたい太さのラインが必要量巻けること

まあ、当たり前ですよね。

 

個人的には0.6号200m巻けるリールであれば問題ないかと思います。

 

僕はキャロ使用時は0.4号を使っていますが、フロート使用時には強度が足りないと感じています。

 

今のフロートはフルキャストすれば100m近く飛ぶものもありますからラインは200m巻いておきたいところです。

 

ロッドとのバランスが取れること

ジグ単リールの記事では「軽さは正義」と言いましたが、キャロ用となれば話は変わってきます。

 

ロッドは長く、重くなるからです。

 

短く軽いジグ単タックルの先重りなんてたかが知れていますがキャロ・フロート用のタックルとなるとさすがに無視できなくなってきます。

 

リールフット内で水平が取れるバランスにする必要はありませんが、あまりにも先重りがするバランスはオススメしません。

 

水中の変化が感じ取れる巻き感度があること

結構見落としがちなポイントです。

 

キャロやフロートの釣りってジグ単と比べて大雑把に感じてしまいますが実はそうではありません。

 

ジグ単より細かく繊細に攻めにくいのは間違いありませんが、だからこそしっかり意識して繊細に攻めていかないと釣果が伸びません。

 

ジグ単の時と同じように、潮の変化をしっかり意識しないといけません。

 

だからこそリールにも感度が求められます。

 

僕はこの事に気付くまでキャロでは1匹も釣ることが出来ませんでした。

 

しかしこの事に気付いた途端に釣果が爆上がりしました!

 

ラインローラーがしっかり回転すること

ラインローラーが回転していないとラインが撚れてトラブルの原因となります。

 

また、ラインとラインローラーの摩擦が強くなるので、摩擦熱が発生しラインブレイクの可能性も上がります。

 

拘るなら社外品にカスタムするのも良いと思います。

※メーカーでのオーバーホールが受けられなくなる可能性があります。

 

IOSラインローラーでストレスとはおさらば!?
こんにちは!キノピーです。 前回に宣言した通り、今回はIOSファクトリー製のラインローラーについてお話ししたいと思います。 IOSファクトリー製ラインローラーとは? リールチューニングメーカーであるIOSファクトリ...

 

魚に負けないパワーがあること

キャロ・フロートを使い、より遠く、より深くを狙う釣りでは大型の魚が掛かる可能性が高くなります。

 

テトラ帯や岩礁地帯では無理やり引き剥がさないといけない場面も出てきます。

 

そんな時に負荷に負けてたわんでしまうようなリールには用はありません。

 

ある程度剛性が高いリールを選びましょう。

 

 

オススメリール

5000円程度

17セドナ(シマノ)

この価格帯ならこれ以外のリールを選択する理由はないと思います。

 

巻きのシルキーさ加減やドラグ性能でこれに敵うものナシ。

 

1万円以下

個人的には選ぶリールがないと思います。

 

1万円以上出せないならセドナで良いです。

 

敢えてナスキーやレガリスを選ぶ理由はありません。

 

個人的にですがナスキーとセドナの間に値段の差ほどの性能差があるとは思いませんし、レガリスはボディ剛性が弱すぎます。

 

1万円前半

17アルテグラ(シマノ)

当たり前ですが性能が全体的にセドナより高いです。

 

シマノリールはアルテグラより上か下かで内部構造が違います。

 

上位機種と同じ構造のリールを使ってみたいならいい選択だと思います。

 

1万円後半

19ストラディック(シマノ)

この値段でマイクロモジュールギアとロングストロークスプールが搭載されているコスパお化け。

 

シルキーな巻き心地が気持ちいいし、ドラグ性能やボディ剛性も問題ありません。

19ストラディックC2000Sをインプレ!ライトゲームで使用した感想
こんにちは!キノピーです。 「19ストラディック」かなり話題になっていますね。一部ではステラ並みの使い心地だとかも言われているようですが果たしてそれは本当なのか!? 実際に購入し検討してみました! 19スト...

 

 

2万円台

17コンプレックスCI4+(シマノ)

僕が使っているリールがコレ。

 

非常に軽量。そしてボディ剛性も十分。

 

リジットサポートドラグも搭載されているのでドラグ性能も高いです。

 

今持っているリールの中で最も酷使していますがまだまだ元気。

17コンプレックスCI4+はライトソルトゲームに最適!
僕はライトソルトゲームにはシマノのコンプレックスCI4+を使っている。 現状、ライトソルトゲームで使うならこれ以上ないとも思えるほどピッタリなリールである。 今回はコンプレックスCI4+の使い心地と、ライトゲーム...

 

20ルビアス(ダイワ)

売り切れ続出でなかなか手に入りませんが良いリールです。

 

ザイオンモノコックボディが採用され超軽量になりました。

 

ギアも大きくなっており巻き上げパワーも高いです。

 

3万円台

MGXtream(アブガルシア)

アブのリールって使っている方が少ないですがこれは非常にいいリールです。

 

巻き心地は良いとは言えませんが、必要な情報はしっかり入ってきます。

 

巻き心地がイマイチなだけにこのリールの本当の良さ、凄さに気付ける人はあまりいないと思いますが・・・

 

マグネシウム製のワンピースギアボックスを採用しているので軽くて強い!そして感度も良いです。

 

ドラグの粘り具合が絶妙で、個人的にはシマノ・ダイワのドラグより好きです。

 

2万円後半出してCI4+やザイオンのリールを買うならもう少し出してこのリールを買った方が幸せになれると思います(笑)

MGXtreme(MGエクストリーム)インプレ!(アジング使用)
こんにちは!キノピーです。 今回はアジングで使用しているアブガルシアのMGXtreme(MGエクストリーム)のインプレをしたいと思います。(使用1年) MGXtremeとは? MGXtremeはアブガルシア...

 

4万円以上

19ヴァンキッシュ(シマノ)

このC2500Sというサイズが抜群に使いやすいです。

 

ラインナップされているリールがあまりないのですが・・・

 

軽さを重視するならこれ以上のものはありません。

ステラとヴァンキッシュ。アジングで両方使ってみて分かった性能の違い
ヴァンキッシュを購入して、約1年。 ステラを購入して、約1年半。 2台ともそれなりの期間使ったうえで、見えてきたものがあるので、今回はステラとヴァンキッシュの使い勝手を比較しながらお話していこうと...

 

18ステラ(シマノ)

 

18イグジスト(ダイワ)

【7/5最大P48倍!】ダイワ イグジスト FC LT2500S-C

 

この2点は説明する必要もありませんよね?

 

というか説明されないと分からないなら手を出すべきではないです(笑)

 

最後に

今回はキャロ・フロート用のリールをご紹介しました。

 

キャロ・フロートは使いこなせれば大きな武器になる反面、使いこなすのが難しいです。

 

使いこなすためには用途に合ったタックルを使うのも重要になってきます。

 

この記事がリール選びの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました