ナイロンラインでアジングしてみた結果

アジング

アジングでナイロンラインが使われることは殆どない。

 

比重が軽い事と、伸びが大きい事がアジングにとってデメリットとなるからだ。

 

今回は敢えてそんなデメリットだらけのラインを使ってアジングをしてみた(笑)

 

YouTubeにもUPしました↓↓

スポンサーリンク

ナイロンラインでアジングをしようと思ったきっかけ

こんな事をするつもりは全くなかった。

 

本当はエステルラインと141シンカーアジングの使い比べ動画を撮るつもりだった。

エステルラインは切れやすい??切らないためのコツを解説。
今やアジングにおいて定番となったエステルライン。 現状、最もアジングに向いているラインだと思う。 しかし、ブチブチ切れて全く使い物にならないという人もいるし、エステル=切れやすい・使えないというイメージを持ってい...
フジノライン「141シンカーアジング」は最強のアジングライン!?
こんにちは!キノピーです。 今回はアジングライン「141シンカーアジング」をご紹介します。 141シンカーアジング (メーカーサイトより引用) フジノラインからリリースされているアジング向けのラインで...

 

しかし、141シンカーアジングを巻いているつもりだったステラにはナイロンラインが巻かれていた。

 

以前、渓流でアマゴ釣りをした時のラインが巻きっぱなしになっていたのだ。

渓流ルアー再び・・・新兵器でアマゴに挑む!
前回1匹のみに終わったルアーでのアマゴ釣り。 リベンジすべく再び渓流へ。 夜に降り続いた雨の影響で水位がほんの少し上がっている。 アマゴの活性も上がっていることに期待。 使用ルアー...

 

すぐに巻き替えても良かったのだが、せっかくなのでラインを捨てる前にアジングで使ってみようと思ったのだ。

 

特にナイロンラインの特性に何かを求めているわけではなく、なんとなく面白そうだからやるだけ(笑)

 

 

いざ実釣、ナイロンアジング

雨が降っていて潮位も良い感じ、魚の活性は非常に高かった。

 

慣れないナイロンラインだが、活性が高いこともあり、40分足らずで10匹のアジを釣ることが出来た。

 

短時間の釣行であったが、アジングにナイロンラインを使うメリット・デメリットが見えたので紹介したいと思う。

 

 

アジングでナイロンラインを使うデメリット

  • アタリが出ない
  • ジグヘッドが沈まない

 

アタリが出ない

アタリが出ない。全然分からない。

 

ジグヘッドを動かしたときに喰ってるのに気づくことが多かった。

 

アタリが全然伝わってこない。

 

ロッドは僕の持っている中でも最強レベルの反響感度を持つロッドなのだが、それでもダメらしい・・・

 

アタリが出にくくなることは予想していたが、ここまで出ないとは思わなかった。

 

取り逃しているアタリはかなり多いと思う。

 

ジグヘッドが沈まない

ライン自体がエステルやフロロに比べて軽い為、軽量ジグヘッドが沈まない。

 

釣行当日は風がほとんど吹いていなかったから良かったが、風が吹いたらかなり使いづらいだろう。

 

実際釣りをしていても、自分が意図しているレンジよりも浅いレンジを曳いていることが多かった。

 

 

アジングでナイロンラインを使うメリット

  • バレない
  • 魚がワームを咥えている時間が長い

 

バレない

非常に伸びやすいナイロンラインは、ショックの吸収性に優れる。

 

掛かってしまえば、なかなかバレない。

 

魚がワームを咥えている時間が長い

伸びるから魚に違和感を与えにくいのだろう。

 

ハッキリと実感できるほど、魚がワームを咥えている時間が長い。

 

魚の重みを感じてからゆっくりアワセてもフッキングすることが多かった。

 

 

ナイロンラインでアジングはアリかナシか

フォールでアタリを取るなら、ナイロンラインはナシ。

 

ハッキリ言って全く使い物にならない。

 

メリットもあるが、デメリットがそれを遥かに上回る。

 

アタリが出ないのは致命的である。

 

 

こんな時はナイロンラインもアリ!

表層近距離で巻きの釣りをする時ならば、ナイロンラインのメリットが最大限活きる上に、デメリットも気にならないだろう。

 

この釣り方限定で釣りをするのであれば、ナイロンラインをレギュラーにしても構わない。

 

またアジングが初めてで、ラインの扱いに自信がない方にもナイロンラインは良いだろう。

 

リーダーを結ぶ必要もないし、トラブルも起こりにくい。

 

まずはナイロンでラインの扱いに慣れるのも良いだろう。

 

 

最後に

メリットもあるとは言え、デメリットが大きいので主戦力にはなり得ないだろう。

 

しかし、状況によっては使ってみるのもアリかもしれない。

 

僕がメリットを求めて、ナイロンラインを使うことはないだろう。

 

やはりジグ単アジングにはエステルだと感じた釣行だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました