「シャローフリークプチ」ワンタッチでフロートリグが作れる便利アイテム!

アジング

こんにちは!キノピーです。

 

今回はアルカジックジャパンの「シャローフリークプチ」についてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

シャローフリークプチ

アルカジックジャパンからリリースされている人気フロート「シャローフリーク」のプチバージョン。

 

重量は3.3g。残浮力は0.3gとなっています。

 

軽量の為、ジグ単ロッドでも扱えるのが嬉しいですね。

 

本家シャローフリークと決定的に違う点が、「ハリス止め方式であること」です。

 

リーダーに引っ掛けるだけでフロートリグが完成するので非常に便利です!

 

 

シャローフリークプチの良いトコロ

  • セットが簡単である
  • 飛距離が伸ばせる
  • フォールスピードを落とせる

こんなところです。

 

引っ掛けるだけなのでセットは簡単。外すのも簡単、いらなくなったらすぐ外せます。

 

超遠投は出来ませんがある程度、飛距離が出るのでジグ単では微妙に届かないトコロなんかを撃つのにはもってこいです。

 

フロートタックルまでは使いたくないけどジグ単では微妙に飛距離が足りないときにはめっちゃ使えます。

 

残浮力が0.3gあるので、ジグヘッドのフォールスピードを落とすことが出来ます。

 

例えば0.6gでは届かないけど1gにしたらフォールスピードが速すぎて喰わない若しくは根掛かりしてしまうような時。

 

こんな時には重宝します。

 

僕の南紀初メバルはこのシャローフリークプチでフォールスピードを落とす戦略で釣りました!

 

シャロフリークプチの悪いトコロ

  • ラインが傷つく
  • アタリが出にくい

この2点です。

 

ハリス止め方式の為どうしてもリーダーは傷みやすいです。

 

そして、固定式になってしまう為アタリも出にくいです。

 

ハリス止めを外して、ヒートンを付ける改造をして使っている方もいるようです。

 

このデメリットは「簡単にセットできる」というメリットの裏返しなので仕方ないんですけどね。

 

シャローフリークプチの使い方

基本的にはジグ単の釣りと同じです。

 

フォールスピードは遅くなりますが、操作はジグ単と同じようなイメージです。

 

ジグ単より抵抗が大きくなる為ロッドワークは少し大きめにしても良いかもしれません。

 

沖の表層~中層を探るのにはもってこいです。

 

深いレンジを探るのは苦手ですね・・・

 

最後に

何回でも言いますがめっちゃ便利です。

 

ワンタッチで付け外しできるのが本当に楽。

 

デメリットもありますがこれはもう手放せません。

 

1つタックルボックスに忍ばせておくとイイことがあるかもしれませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました