元大手釣具店ルアー担当が選ぶ!アジング用ジグヘッドおすすめランキング!

アジング

アジングで最も多く使われているは、「ジグヘッドリグ」だろう。

各メーカーから様々なジグヘッドがリリースされており、それぞれ特徴がある。

 

「種類が多すぎて、どれを選んでいいか分からない」

「今使っているジグヘッドよりも良いモノがあるなら知りたい」

 

このような悩みをお持ちの方にはきっと役に立つと思う。

 

今回は数多くの中でも、僕がオススメするジグヘッドをジグヘッドの特徴とともに紹介していこうと思う。

ジグヘッド1つで釣果が分かれることもあるので、ジグヘッドにもこだわりを持って選ぶべきである。

 

 

スポンサーリンク

まずはジグヘッドの選び方を知ろう

どのメーカーのどのジグヘッドが良いのかを知る前に、アジング用ジグヘッドの基本的な選び方を知っておこう。

 

ジグヘッドの重さ

アジングで使れることが多いのは0.4g~3gの間だろう。

 

0.2gを使ったり5gを使ったりすることもなくはないが、使う場面はそう多くない。

 

初めは0.6g~2gまでを揃えておけば良い。

 

その他のサイズは必要性を感じてから買い足せばOK。

 

1g未満のジグヘッド

アジが水面下、数十㎝に定位しているときはこの重さの出番である。

沈むのが遅い為、浅い層をゆっくりと曳くことが出来る。

速い動きへの反応が悪い時は、この重さを底まで沈めて使うこともある。

単体では飛距離が出にくい、強風・速潮に弱い、操作感が小さいなどのデメリットがある。

 

1g~1.5g未満のジグヘッド

初めての方はこの重さから始めると良いだろう。

重すぎず、軽すぎず、操作感も残るし沈むのが速すぎることもない。

まずはこの重さから始め、風・波などのその場の環境とアジの反応を見ながら、軽くするか重くするか決めると良い。

 

1.5g以上のジグヘッド

ポイントが深い、潮が速い、風が強いなどの場合に使うことが多い。

アジが遅い動きへの反応が悪い時は、重いジグヘッドで速い動きを出して誘うこともある。

 

※使用例はあくまでも一例である。表層狙いでも2gを使うこともあるし、強風時でも0.6gで押し通すこともある。固定観念にとらわれず、その時の状況に合わせて調整しよう。

 

 

ジグヘッドのフックサイズ

写真のフックは同じ種類の、サイズ違いである。

単純な鈎の大きさだけでなく、軸の太さも違う。

狙うアジのサイズによってフックのサイズも変えてやる必要がある。

 

 

ジグヘッドの形

ジグヘッドの形は大きく分けると2種類。

 

「ラウンド型」と呼ばれる丸い形のモノと「鏃型」と呼ばれる三角形のような形のモノである。

 

一般的にラウンド型は万能、鏃型はスイミング・ダート向きといわれるが、そんな単純な話ではない。

 

最初に選ぶのはどちらでも構わない。

 

ただしダート専用設計のモノは選ばないこと!

 

ダート専用設計のモノはダートの釣り以外では全く使い物にならないモノがある。

 

そういうモノばかりではないのだが、その見極めは難しいので初めからダート用を謳っているモノは避けたほうが賢明である。

 

ダート専用ジグヘッドは必要性を感じてから買い足しても遅くない。

 

 

ジグヘッドのフック形状

アジングのジグヘッドに使われているフックは大きく分けて2形状。

 

オープンゲイブ型とストレートゲイブ型である。

 

写真の上のフックがオープンゲイブ型、下のフックがストレートゲイブ型である。

 

オープンゲイブ型のフックは鈎先が少し外に向いているのが分かるだろうか?

 

2種の特徴をそれぞれ簡単に説明する。

 

オープンゲイブ型

吸い込み易く、吐き出し難い。

 

アジは吸い込んだ直後、違和感があればすぐに吐き出してしまう。

 

その間約0.2秒とも言われる。もし本当なのであれば人間が反応できる速さではないが・・・

 

0.2秒は置いといて・・・それぐらいアジが吐き出すスピードは速い。

 

オープンゲイブであれば、吐き出す時に上顎に引っかかるので吐き出し難いうえに、フッキングも決まりやすい。

 

フォールがメインのアジングではオープンゲイブがオススメ。

 

しかしオープンゲイブはフックが曲がりやすいという欠点もある。

 

鈎先が外に向いている分、どうしても開こうとする方向に力が掛かってしまう。

 

大きな魚や、口が硬い魚には不向きである。

 

ストレートゲイブ型

万能、アジング以外にも幅広く使える。

 

アジングでも巻きの釣りや、抑え込みに来るようなアタリが出るときは有効。

 

オープンゲイブに比べ曲がりにくい為、大型狙いの際にはコチラを選ぶと良い。

 

 

アジング用ジグヘッドを選ぶ際の基本まとめ

アジング用ジグヘッドを選ぶ際に見るべき点は

  • 重さ
  • ヘッド形状
  • フックサイズ
  • フック形状

この4点である。

 

最初はアジング用で売られているジグヘッドであれば、どれを選んでも構わない。

 

最初から自分に合うジグヘッドが見つかることは多分ない。

 

やっているうちに自分の好みが見えてくるはずである。

 

注意点は一つだけ。

 

0.6g~2gまで全て同じ種類で揃える事。

 

例えば0.2g~1gまでしかないようなジグヘッドは選んではいけない。

 

種類が変われば潮の受け方が変わるので、操作感が変わってしまう。

 

慣れてくれば対応できるようになるが、初めは1種類のジグヘッドで操作を覚えるのが上達への近道である。

 

 

オススメジグヘッドランキング

先程、どれを選んでも構わないと言ったが、そんなことを言われても困る方も多いだろう。

 

そこで今回は、狙うアジのサイズ別でオススメジグヘッドをまとめてみた。

 

 

豆アジングジグヘッドオススメランキング

第3位 豆アジ弾丸 (カルティバ)

 

言わずと知れた超大手鈎メーカーのオーナーばりの製品。

フックサイズやフック形状ももちろん良いが、最大のオススメポイントはワームキーパー。

フッキングミスが多い豆アジ釣りで、フッキングアクションのたびにワームがズレていては大きなチャンスロスとなってしまう。

ワームキーパーがあるだけでチャンスは格段に増える。

 

第2位 ミニドライブ (デコイ)

 

こちらも鈎メーカー、カツイチの製品。

小型の細軸フック、わずかなオープンゲイブ形状。

元上司にジグヘッド選びはこれで完結したと言わしめるほどのフッキング性能。

最大のおすすめポイントはヘッド形状。

ラウンド型のヘッドに掘られた溝。この溝が抜群の潮噛みを生み出す。

軽量ジグヘッドがメインとなる豆アジングにおいて、程よい引き抵抗を生み出してくれる形状は非常に有難い。

軽量ジグヘッドでも潮の変化を掴みやすい為、より確実にアジの着き場を探り当てることが出来る。

 

第1位 アジメバアーミー (ヤリエ)

 

ヤリエというメーカーはあまり馴染みがないかもしれないが、品質は優秀である。

鈎先だけが微妙に外に向いたフック形状。

フックキーパーは付いてないし潮噛みはミニドライブの方が上であるが、鈎が良い。

フッキング性能が抜群に高い。獲れる魚の数が違う。

 

 

~30㎝ アジングジグヘッドオススメランキング

第3位 アジスタ (ティクト)

 

アジングといえばこのメーカー。

潮噛みが良いヘッド形状。

ワームが活きるショートシャンク。

そして吸い込み系のバイトに強いオープンゲイブ。

アジング用ジグヘッドのスタンダードと言っていい。

難点は鈎、しっかり研いでから使うべし。

洗っても錆びるので寿命は短い。

狙うアジのサイズが20㎝以下ならSサイズ、それ以上ならMを選ぶと良いだろう。

 

第2位 ジャックアッパー (アルカジックジャパン)

 

アジを釣る為に生み出されたアジ鈎をベースに作られている。

フック形状はがまかつのアジ鈎に近い。

刺さりが抜群に良く、バラシが少ない気がする。

抑え込みに来るようなバイトに非常に強い。巻きの釣りやボトムステイの釣りには特に効果的。

豆アジの吸い込み系ショートバイトは掛からない・・・

 

第1位 レンジクロスヘッド・フロードライブヘッド (オッズ)

 

鈎メーカー土肥富の製品。

土肥富は創業120年以上続く老舗。

レンジクロスとフロードライブは同じフック形状。

狙うアジが20㎝以下ならフロードライブ、それ以上ならレンジクロスを使うと良いだろう。

このフックの凄さは何と言っても鈎。この鈎はヤバすぎる。

鋭さのレベルが違ううえにフッ素コーティングされているので、滑りも良い。

指に刺してみれば分かるが、抵抗なくスッと入る。

気が付けば指に痕が残っていることもしばしば。

これに勝てる鈎があるなら見てみたい。

 

30㎝~ アジングジグヘッドオススメランキング

第2位 ラッシュヘッドL (オッズ)

 

軸が太く、平打ち加工もしてある耐久性重視のジグヘッド。

フッ素コーティングもされている為、滑りも抜群に良い。

ストレートゲイブの為、オープンゲイブよりも曲がりにくい。

以前36㎝のアジをゴリ巻きで獲ったときはこのジグヘッドだったが、曲がる気がしなかった。

Sサイズ・Mサイズも存在するが、大型狙いにはLサイズを選ぶこと!

 

第1位 スモウヘッド太 (ブリーデン)

 

市販のライトゲーム用ジグヘッドの中では最も軸径が太い(たぶん)

安心感が凄い。鈎を信頼できるかどうかで大型のキャッチ率は変わると思う。

他メーカーにはない超軽量のラインナップもあるので、フロートやキャロで使えるのが非常に有難い。

超軽量で太軸のジグヘッドはこれぐらいしかない。(たぶん)

 

番外編

Fチェンジヘッド (ジーク)

 

鈎が替えれるという変わりダネのジグヘッド。

詳しくはコチラ↓↓

「Fチェンジヘッド」フックが可動する?ターゲットに合わせて自由自在!
何やら面白いジグヘッドがある。 フックが動く上に脱着もできるらしい。 その名もFチェンジヘッド ZEAKEから発売されているジグヘッド。 最大の特徴はフックの脱着が可能であるという事で...

なかなか面白いのではないだろうか。

 

 

最後に

魚に最も近い道具でありながら、軽視されることも多いジグヘッド。

 

きちんと目を向けることで、獲れる魚は倍増するはず!

 

自分に合ったジグヘッドを探してみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました