ジグ単用アジングロッド作製③いよいよ完成!!

アジング

こんにちは!キノピーです。

 

前回の続きです。前回の様子はコチラ↓↓

ジグ単用アジングロッド作製②ティップ・ブランク・グリップの接続
こんにちは!キノピーです。 前回の続きです。前回の様子はコチラ↓↓ 今回はソリッドティップの接続とカーボンモノコックグリップの接続です。 その前にブランクに少し手を加えます。 今回使用...

今回で完成させます。

 

まずはスパイン出しからです。

 

スパインを出してリールシートの向きを決定します。

 

曲がり方の違い分かりますか?

 

曲がり方が小さい向きがスパインです。

 

スパインにガイドを乗せるか、逆にガイドを乗せるかは人それぞれですが、今回はスパインにガイドを乗せる設計で作製します。

 

スパインを見つけたらリールシートを接着します。

 

勢いでリールを装着してしまいました(笑)

 

リールシートの接着もアロンアルファのみ。エポキシは一切使っていません。

 

流石に少し心配ですが、少し力を入れて捻じっても外れなかったのでまあ大丈夫でしょう。外れたら外れた時です(笑)

 

自分しか使いませんから不具合が出たところで何の問題もないんですよね。

 

 

リールシートの接着が完了したらガイドの取り付けです。

 

ソリッドティップの繋ぎ目には必ずガイドを乗せましょう。

 

バットガイドは2点止めにしてスレッドの使用量を減らしてみました。

 

ガイドを全て巻き終えたら完成です。

 

今回はガイドの接着もアロンアルファで済ませました。(ゼリーではなく液体)

 

強度的には問題ないはず。

 

今回はエポキシを一切使わずに仕上げたので硬化を待つ必要がなく、かなり短い時間で完成しました!

 

45gで仕上がりました。

 

自立出来ます(笑)

 

テストの結果次第でガイド位置の変更はあるかもしれませんが・・・

 

早く実釣で試してみたいです。

 

スポンサーリンク

最後に

外出しずらい世の中になってしまっていますが、こんな時はリールのオーバーホールやロッドビルドに手を出してみるのも面白いのではないでしょうか?

 

かなり暇つぶしになるのでオススメです。

その他ロッドビルド関連の記事はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました