ハードロック用ロッド着手。AK9860でベイトロッドを作る!

ロッドビルド

遂に手を付けた。ハードロック用ベイトロッド。

 

以前オオモンハタに切られてからというもの、新しいロッドの必要性をひしひしと感じていた。

 

もちろん買う気は全くなく、作る一択。

 

他のロッドビルド記事はコチラ

 

YouTubeにもUPしました↓↓

スポンサーリンク

ブランク選び

今回は、過去にないレベルでブランク選びに時間が掛かった。

 

元々はそんなにヘビーにするつもりはなかったのでAK9040で作るつもりだった。

 

しかしよくよく考えてみると、投げられるウエイトの上限が40gではちと軽すぎる・・・

 

ドリームシャッドの5インチが約20gあるのだから、上限40gのロッドでは20gまでのジグヘッドしか使えない。

(使えるウエイトの上限はブランクだけでなく、設計で変動するので一概には言えないが)

 

それでは対応できる状況に限りが出てしまう・・・

 

それに、僕のホームとする地域ではオオモンハタ以外にも様々な強敵ロックフィッシュが棲息している。

 

 

そんな強敵たちと対峙することも考えるとAK9040ではパワー不足になる可能性があった。

 

次に考えたのがAK9060。

 

しかし冷静に考えてみると、僕のメインとするフィールドでは9フィートでは短い。

 

一気に落ち込むブレイクを躱すには9フィートでは不安が残る。

 

だったらAK1060にしよう。色々考えたがAK1060で行くことがほぼ決まっていた。

 

しかし注文直前になってあることに気付く。

 

MAXウエイトが60gのブランクはもう一つある。

 

AK9860だ。このブランクはアカメスペシャルシリーズとは違い、35tカーボンと40tカーボンのコンポジットブランクである。

 

つまりオール40tブランクのアカメスペシャルより少々無理が出来る。

 

スペックを見ても分かるが、AK1060のラインMAXが30lbなのに対しAK9860はMAX50lbである。

 

最終目標であるスジアラを狙いに行く際はPEを3号にしようと考えているので、ラインMAXが30lbでは少し頼りない。

 

少し短くなってしまうが色々考えた結果、ブランクはAK9860に決まった。

 

 

ブランクはスペックだけで見てはいけないという話

上で散々ブランクのスペックの話をしているので今更こんな話をするのもアレだが、完成後のロッドスペックとメーカーが定めているブランクスペックは必ずしも一致しない。

 

ロッドのスペックはブランク、ガイドセッティング、リールシート・グリップの位置、スピニングorベイト等々様々な要素から決まる。

 

もっと細かい話をすると、ワインディングチェックの有無・サイズ・位置、アーバーの材質なども影響する。

 

そして忘れてはならないのが、使うアングラーのことである。

 

どれだけの重さまで投げられるかどうかは技術次第であるし、どれだけ負荷を掛けられるかは体力と知識次第である。

 

ブランクのスペックはあくまでも目安でしかないという事を覚えておいてほしい。
 

 

作製開始!

パーツが届いたらさっそく作業に取り掛かる。

 

まずはグリップの成型から。

マスキングテープを巻いてから切ると、まっすぐ切りやすい。

 

切ったら電動ドライバーと紙やすりを使って成型していく。

 

今回は長いストレートグリップを加工する方法でやっているが、あらかじめ成型されたグリップを使うほうが楽である。

 

ただし少し値段が高くなってしまうが・・・

 

グリップの成型が終わったらガイド以外を一気に組み上げる。

グリップの成型さえできてしまえば、ここまではすぐに出来る。

 

リールシートの向きは注意。

 

スパインを出してから決める事!

 

今回はスパインの上にガイドを乗せる設計の為、リールシートの上側がスパインと一直線になるよう配置した。

 

 

悩みに悩む、ガイドセッティング

大変なのはここから。

 

ガイドセッティングである。

 

ブランク選びも苦労したが、ガイド選びもかなり苦労した。

 

個数は?サイズは?種類は?

 

この長さのベイトロッドなんて富士工業の参考ガイドスペックにも載っていないし、店頭にもないので参考にできるものが何もない・・・

 

しかもベイトキャスティングロッドを作るのは初めてである。

 

分からないことだらけの中悩み続ける事、数十日。

 

ようやく、使うガイドと個数が決まった。

 

細かい調整は作りながらしていく。

 

ベイトキャスティングロッドはガイドを付ける手順がスピニングとは違う。

 

僕はトップガイド側からガイドを決めていく派だったのだが、ベイトはそういうわけにはいかない。

 

バットガイド~チョークガイドの位置がかなりシビア。

 

先にここを確定させる必要があった。

 

この事に気付いたのが、ティップ側から8個目のガイドを取り付けたときであった為、膨大なやり直しが必要となった・・・

 

今回のロッドはオールダブルフットの為、ガイドを付けるだけでもいつもの倍の時間が掛かる。

 

そのため、このやり直しはかなりキツかった・・・

 

ガイドの位置決め~取付までで7時間も費やしてしまったが、ようやく全てのガイドの取り付けが完了した。

 

 

 

テスト1

ガイドは合計12個。予定していたより1個少なくなったが実際のところどうなのかは、テストをしてみないと分からない。

 

漁港で簡単なテストを行った。

 

曲げテストとキャストテストを行う。

 

今回は5号~10号のオモリでキャストテストをした。

 

どの重さでもトラブルはなく、快適に投げられた。

 

そして曲げテスト。

 

適当なところにラインを引っ掛け、ロッドを思いっきり曲げてみる。

 

すると、ちょっと気になるポイントが出てきた。

 

これは見逃せないので、ガイドセッティングをやり直すこととなった。

 

 

ガイドセッティングやり直し

めんどくさいが仕方なし。

 

見た目には妥協するが、性能には妥協しない。

 

ガイドを7個外してセッティングしなおす。

 

ガイドを1個増やして、合計13個で仕上げる。

 

当初の予定通りとなった。

 

 

テスト2

ガイドセッティングを変えたので再びテスト。

今度はより幅広いウエイトを投げてみる。

 

15g~75gでテストを行った。

 

ガイドが1個増えた分、パワーが上がっている。

 

トラブルなく15g~75gを投げることが出来た。

 

作る前から70gまでは投げられるロッドになるだろうと思っていたが、これなら80gでも問題なさそう。

 

曲げテストでも、前日の改善点をクリア。

 

固めても問題ないところまで仕上がった。

 

 

少し様子見

固めてしまっても問題ないところまで仕上がったが、実釣での様子も見たいので完成はもう少しお預け。

 

何回か使ってみてから決めようと思う。

 

他のロッドビルド記事はコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました