R8326エギングロッドをリメイク!そして#1追加製作

ロッドビルド

大型の台風が接近している。

 

僕が住んでいる地域は遠いのでそれほど荒れてはいないが、それでも影響が出ている。

 

こんな天気では釣りにも行けないので、ロッドいじり。

 

エギングロッドをリメイクしていこうと思う。

 

 

スポンサーリンク

今回リメイクするロッド

2年ほど前にマグナムクラフトR8326で作ったソリッドティップのエギングロッド。

 

ガイドセッティングが気に喰わず、3回ほど使ったのち放置していた。

 

以前ハードロック用ロッドを作製した時に、このロッドのリメイク用のガイドも購入しておいたのでガイドを交換していく。

ハードロック用ロッド着手。AK9860でベイトロッドを作る!
遂に手を付けた。ハードロック用ベイトロッド。 以前オオモンハタに切られてからというもの、新しいロッドの必要性をひしひしと感じていた。 もちろん買う気は全くなく、作る一択。 他のロッドビルド記事はコチ...

 

リメイクの内容

KRガイドをKガイドに替える。

 

それだけ。リングサイズは変えない。

 

何本か使ったが、やはり足の高いガイドが無理。

 

某メーカーの8万円のロッドも使ったが、ダメ。

 

足の高いガイドだと、どうもブランクのパワーを引き出せない。

 

 

完成

ラインを通してみたらいい感じ。たぶん綺麗に抜けてくれるだろう。

 

KRガイドだったときは、ラインを通しただけでも使う意欲が失せるぐらいだった。

 

これで使えるようになったはず。

 

ただ、先重りしなさ過ぎてエギングでは使いにくいのであまり使わないかもしれない・・・

 

フロートを大遠投するような釣りで活躍してくれることを願う。

 

 

#1追加製作

マグナムクラフトでブランクを買うたびにR8326のB品を買っていたので、素の状態で2本在庫があった。

 

なのでチューブラーで#1をもう1本作ることにした。

中途半端に強いチューブラーのロッドが欲しかったので丁度イイ。

 

少し太いラインも使いたいのと、リーダーの巻き込みを可能にしたかったのでガイドは最小でトルザイトの4.5にした。

 

トルザイトガイドはあまり好きではないが、リーダーを巻き込むならガイド径は少しでも大きいほうが良い。

 

最近の釣行でそれをひしひしと感じている。

 

1サイズだけガイドを買い忘れたので、家にあったガイドで対応。

 

1個だけステンレス(笑)サイズもベストなサイズではないので、テスト結果次第では変える可能性アリ。

バットを詰めてあるので長さは7フィート7インチ。

 

もう少し短くても良いのだが、まあいいだろう。

 

オールマイティーに使えるロッドの出来上がり!

 

状況と釣り方に応じて、ソリッドとチューブラーの差し替えが可能。

 

もう1本残っているのはチタンティップにしようと思っている。

 

 

最後に

ロッドビルドでは、今回のように#1だけを追加で作ることが出来る。

 

デザインも仕様も何の縛りもなく自由自在。

 

ロッドを作ること自体は難しくないので、ぜひ挑戦してみてほしい。

ロッドビルドの魅力
こんにちは!キノピーです。 今回はロッドビルドの魅力について話していきたいと思います。 ロッドビルドって? そもそもロッドビルドって何って方のために説明します。 ロッドビルドとは自分でロッドを作ること...

 

他のロッドビルド記事はコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました