ロッドビルドに必要な機材

ロッドビルド

こんにちは!キノピーです。

 

今回はロッドビルドを始めるにあたって必要な機材、グッズを紹介します。

 

スポンサーリンク

必須アイテム

・フィニッシングモーター

・カッターナイフ

・棒ヤスリ

・ピンセット

・筆

 

 

無くても何とかなるけどあれば便利!

・糸切りバサミ

・紙ヤスリ

・ペン

・マスキングテープ

・デジタルノギス

・電動ドリル(ドライバー)

・ライター

・ミキシングカップ

 

順番に解説していきます。

 

フィニッシングモーター

ガイドスレッドをコーティングする際に必要。

コーティング剤が固まるまでずっと手で回し続ける事が出来る方は不要(笑)

 

これにロッドをセットして、回転させながらコーティング剤を塗ることで綺麗に塗ることが出来る+固まるまで回し続ける事でコーティング剤の偏りを防ぎ綺麗に仕上げることが出来ます。

 

これなしで綺麗にコーティングを仕上げるのは至難の業です。

 

カッターナイフ

ロッドビルド専用の高価なカッターナイフ!というのは嘘です(笑)

 

そのへんに売っている数百円のカッターナイフです。

 

グリップやスレッドを切るのに使います。

 

棒ヤスリ

ブランクを切断するときに使います。

 

ブランクを切らない方は無くても良いです。

 

のこぎりで切るよりも断面が綺麗です。

 

細いヤツはアーバーの内径を広げるのに使います。

 

アーバーを加工する必要がない場合は不要ですがほぼ100%内径の調整は必要です。

 

電動ドリルを持っている方は不要。

 

ピンセット

写真はストレートタイプですが先曲がりタイプの方が使いやすいです。

 

ガイドを巻く際に使います。

 

ピンセットなしでガイドを巻くのは無理とまでは言いませんが僕は絶対にやりたくないです(笑)

 

スレッドにコーティング剤を塗るときに使います。

 

ほぼ使い捨てのイメージ。

 

洗って使う事も出来ますが硬くなるのでオススメはしません。

 

複数本準備することをオススメします。

 

糸切バサミ

スレッドを切るのに使います。

 

ガイドを巻き終わった後最後に切るときはカッターを使いますが、それ以外はハサミが便利!

 

紙ヤスリ

グリップの成型やブランクを切断した面を均すのに使います。

 

ペン

ガイドの位置やスパインをマーキングするのに使います。

 

これがあるだけで作業が格段に進めやすくなります。

 

白と黒の2色を準備することをオススメします。

 

マスキングテープ

ブランクを真っすぐ切断するための目印にしたり、余計なところに接着剤が付かないようにしたりと使いどころは様々。

 

実はアーバーにも使えます。

 

デジタルノギス

ブランクの径やアーバー、ワインディングチェックなどを測ります。

 

無くても問題はありませんがあると便利です。

 

中途半端に安いのを買うと失敗します。

 

僕は1500円ぐらいのを買った結果、買い直すこととなりました(笑)

 

買うなら5000円程度はかけることをオススメします。

 

電動ドリル

アーバーやグリップの加工に使います。

 

無くても良いですがあれば超便利なので買うことをオススメします。

 

コレがなければ僕のロッドはここまで進歩していないと思います。

 

ライター

ガイドの足を炙ったり、コーティング剤や接着剤の気泡を飛ばすのに使います。
あると便利です。

 

ミキシングカップ

コーティング剤を混ぜるのに使います。基本使い捨てです。

 

 

ざっとこんなところです。

 

専門的な機材はフィニッシングモーターのみ。

 

あとはその辺のホームセンターとかで手に入ります。

 

慣れてくれば道具にも拘り始めることになるかと思いますが、とりあえずやってみるだけなら機材代は意外とかかりません。

 

ぜひロッドビルド挑戦してみてはいかがでしょうか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました