ジグ単用アジングロッド作製①グリップ周りの切削~アーバー接着まで

アジング

こんにちは!キノピーです。

 

先日紹介したジグ単アジングロッド作製が遂にスタートです。

ジグ単用アジングロッドビルド始動!!
こんにちは!キノピーです。 昨年の年末に購入していたデジーノのパーツ。 これらを使ったジグ単用カーボンソリッドティップのアジングロッドを作ります。 材料は超シンプル 今回はEVAやコル...

今回はカーボンモノコックグリップとリールシートの切削を行います。

 

まずはリールシート。

 

コレが買ったときの状態ですが、これにリールを付けるとこうなります↓↓

ネジ山がかなり余ります。

 

見た目がカッコ悪いですし、何より無駄な重量になるのでいらない部分はカットします。

かなり短くなりました。

 

これだけで約1.6g軽量化できました。

 

次はカーボンモノコック。

半分ほどカット。とにかく無駄な部分を削っていきます。

 

これで約10.1gの軽量化。これはかなり大きいです。

 

次はアーバーの加工。

2ヶ所留めますが、1ヵ所に丸々一つ使う必要がないので半分にカットして使います。

 

アジングロッドなら強度はこれでも十分すぎる程。

 

カットしたら次は内径を広げます。

 

カーボンモノコックのパイプ部は約12mm。

 

内径6mmのアーバーをドリルを使って12mmまで広げます。

※作業に集中しすぎて写真が撮れていません。ゴメンナサイ。

 

このロッドは極力接着剤に頼らないというチャレンジをしているので、削り過ぎない様に慎重に進めます。

 

アーバーの内径が広がったらパイプに押し込みます。

 

 

良い感じにできたのでエポキシは使わずに、少量のアロンアルファのみで接着。

 

接着剤による感度の低下と重量の増加を防ぎます。

 

アジングロッドなのでこれでも外れることはないと思います。

 

今回はここまで。

 

地道に少しずつ作業を進めていこうと思っています。

 

次回は「ソリッドティップの接続とカーボンモノコックグリップとブランクの接着」まで進めたいと思います。

その他ロッドビルド関連の記事はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました