[ガーグリップMCカスタム]アジング用フィッシュグリップはコレだ!

グッズ

こんにちは!キノピーです。

 

今回はアジング用のフィッシュグリップについてお話します。

 

アジングに限らず、ルアーフィッシングではもはや必須となったアイテム「フィッシュグリップ」

 

これまで何種類か使ってきましたがガーグリップが最強だと結論を出しましたので、これまで使ってきたフィッシュグリップの説明をしながらガーグリップが優れていることをお話しできればと思います!

 

スポンサーリンク

ガーグリップ

第一精工からリリースされているフィッシュグリップです。

 

カラーが

  • ブラック
  • フォリッジグリーン
  • ダークアース

の3色です。

 

価格は定価で4500円とフィッシュグリップにしてはお高めの設定となっています。

 

ガーグリップのココが凄い!

獲物を挟みやすい。これに尽きます。

 

しかしこれで終わってはガーグリップの良さが何も分からないのでもう少し詳しく解説します。

 

ガーグリップが優れているポイント

  • ハサミ型である
  • たわまない
  • 錆びない
  • 割れにくい
  • ホルダー付き
  • ロープ付き

ざっとこんなトコロです。

 

ハサミ型である

「ヒバシ型」と比べて力が入りやすく、軽い力で獲物をホールド出来ます。

 

これにより、少々幅が広い魚も掴めますし、魚が暴れても抑えられます。

 

せっかく掴んだ魚が暴れて飛んで行ったという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

飛んで行った魚を無事回収できれば良いですが、海にお帰りになったりニャンコに掻っ攫われたりすることもあります。

 

最悪の場合、魚が飛んで行った勢いでロッドを折る可能性も考えられます。

 

それらを防ぐためには使いやすいグリップを使う事が重要になります。

 

たわまない

全然たわみません。剛性が素晴らしい。

 

だからこそ暴れる魚を抑えることが出来ます。

 

40cm近いサバをも抑えることが出来ました。

 

魚が暴れる度にグニャグニャたわむグリップは使い辛いですから・・・

 

錆びない

金属製ではないので錆びません。

 

一部金属の部分もあり、そこは錆びますが性能的には全く問題ありません。

 

ソルトで使用する道具としてはもはや必須の「錆びにくい」という性能。

 

ガーグリップはきっちりクリアしています!

 

割れにくい

数えきれない程、落としたり地面を引き摺ったりしましたが割れる気配がありません。

 

割れにくいと言いましたが「割れない」と言っても良いかもしれませんね。

 

「錆びない」「割れない」と耐久性が非常に高いので買い替える必要がありません。

 

メーカーさん大丈夫か?・・・

 

ホルダー付き

これは結構大きなポイント。

 

魚を掴みまくると臭い汁や鱗が付きます。

 

ウェアやバッグに付けたい人はいないでしょう。

 

専用のホルダーが付いているので収納場所に困ることもありませんし、ウェアやバッグを汚す心配もありません。

 

ロープ付き

このロープは鬱陶しく思う場面もありますが、僕には必要です。

 

ロープ付きでなければ数えきれない程、釣り場に忘れてきたでしょう。

 

移動するときにズルズル引き摺るから忘れていることに気付きます(笑)

 

安いものではないのでこれは有難いですね。

 

ロープは外すことも出来るので不要な方は外して使う事も出来ます。

 

 

以上が僕が思うガーグリップの良さです。

 

僕は2本持っています。

 

ステッカーを貼っていますが1本目と2本目では出来が違います(笑)

ブラックが1本目。剥がれないように上からエポキシでコーティングしてみましたが使っているうちにかなり濁ってきて汚くなってしまいました(泣)

 

2本目がフォリッジグリーン。コーティングはルアー用のセルロース。

 

濁りもなく綺麗に仕上がりました♪♪

 

 

まとめ

ガーグリップ最高。

 

異論は認めます。

 

以上!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました