ゴーフィッシュ「カマサー」はVSカマス最強プラグ!これを超えるルアーなし

ライトソルト

こんにちは!キノピーです。

 

今回はカマス狙いの時の最強プラグ「カマサー」をご紹介します!

Go-Phish(ゴーフィッシュ) カマサー 50mm #1 チャートミラーGB QPA50GP

 

スポンサーリンク

カマサー

カマサーはゴーフィッシュから発売されているカマス向けのルアーです。

(元はタックルハウスのキー・パプースです)

 

カマサーという名前の通り?カマス釣りで圧倒的な戦闘力を誇ります(笑)

 

しかし釣れるルアーだとしても「カマスのルアーにこの値段は高すぎる・・・」と考える方も多いと思います。

 

僕もそうでした。ラインブレイク必至のカマス釣りにこの値段は掛けたくないと思っていました。

 

しかし興味はあったのでふとした時に一つだけ買ってみました。

 

使ってみてびっくり!!

 

使いやすいのなんのって。

 

こんなにカマスに向いているルアーは初めてでしたし、他にはないと思います。

Go-Phish(ゴーフィッシュ) カマサー 50mm #1 チャートミラーGB QPA50GP

 

 

カマサーの凄さ

カマサーの凄さは何と言っても「レンジキープ能力の高さ」です。

 

カマス釣りは一定のレンジを通すことが重要です。

 

しかし通常、ライトゲーム用のプラグでは浮き上がってしまい深いレンジを保つことが出来ません。

 

カマスが中層もしくはそれ以下のレンジにいるときには攻めきれないのです。

 

カマサーは大きなリップとヘビーウエイト設計により浮き上がりが抑えられているので深いレンジもしっかりキープできるのです。

(流石にずっとボトムを曳き続けるようなことは出来ませんが・・・)

 

また、沈むスピードもそこそこ速いのでカマスのいるレンジまで素早く沈めることが出来ます。

 

カマスのいるレンジまで沈めて、そこを確実に通す。これが出来るのがカマサーの強みです!

使ってからは「高い」と思わなくなりました。あと3つぐらい欲しいです(笑)

Go-Phish(ゴーフィッシュ) カマサー 50mm #1 チャートミラーGB QPA50GP

 

 

カマサーの使い方

「魚がいるところまで沈めて巻いてくる」

 

これだけです。これ以上も以下もありません。

 

巻くスピードはその時の状況で調整してください。

 

しかし超高速巻きやデッドスローなんかだとちゃんと動かないので程々に・・・

 

トゥイッチは厳禁、切られます。

 

僕は切られるのが嫌なのでリーダーにフロロの7号を使っていますがちゃんと泳ぎますし釣れます。

 

リーダーはできる限り太くすることをオススメします。

 

カラーはフラッシングが強めのゴールド系がオススメです。

 

 

カマサーの小ネタ

南紀のカマサー使い達の間には「カマサーを育てる」という言葉があります。

 

ルアーを育てるなんて分からない人からしたら意味不明ですよね(笑)

 

僕も師匠のNさんから教えて頂いたのですが、カマスの歯で塗装が無くなっているのが「育った」状態らしいです(笑)

 

つまり「カマサーを育てる」とはカマスの歯でボロボロになるまで使い続ける事なんです。

 

育つ前に切られることも多いようですが・・・

 

ここで僕のカマサーを見てみましょう。

まだ赤ちゃんです(笑)

 

僕もこのカマサーを大事に育てていこうと思います(笑)

 

最後に

本気でカマス釣りをしている方は分かると思いますが、カマス釣りにおいてルアーは非常に大切です。

 

活性が高い時は簡単に釣れますが、低活性時のカマスは中々ルアーを追わないし場合によっては見向きもしてくれません。

 

そんな状況でも数を伸ばすためにはルアーの選択も重要な要素になります。

 

安いモノではありませんが、このルアーにはそれだけの価値があると思います。

 

ゴーフィッシュの「カマサー」是非お試しあれ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました